当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

得点アップは簡単!?

こんにちは。

基礎基本を徹底する明青学院 塾長の関口智明です。




成績を上げる、偏差値を上げるのは、実は簡単で

「できないところをあぶり出し、補完する」だけ

です。



そのために使うツール(道具)が、学校のワーク

でも、その使い方を分かっていない生徒さんが多すぎる!

と思うのです。




テスト対策の体験授業で時々いるのが、テストの得点と学校の

ワークの正答率がつり合っていない生徒さん。

学校のワークはマルばっかりなのに、点数がとれていない場合、

考えられる理由は2つ。




1つめは学校の授業進度に合わせて、真面目にやっている

パターン。

授業のあとすぐにワークに取り組むから当然マルが多くなる。

この間隔で行なうことは理解を記憶に定着させる作業ですから、

とてもいいことです。

しかし、残念なことにテスト前のやり直しが徹底されていない

ため得点が取れない(いつも70~80点という生徒さんに多い)

ことが多い。


2つめは提出するためだけにワークをやっているパターン。

とりあえず自力で問題を解くものの、マルつけをして間違えた

問題は赤で解答を写すのみ。

もちろん提出期限が迫ってからやりますから、間違えた問題を

解きなおし、自力で解けるようにしておくなんてことは

やりません。いわゆる、やりっ放しです。


そして、稀に全問正解の生徒さんもいます。

提出のためといっても先生はあなたの理解度を授業中に把握して

いるはずだから少しは知恵を働かせなさい・・・




明青学院では、もちろん各テストごとに学校のワークからの

出題率を出しています。

どんなに出題率が低くても70%、ワークと直前に配布される

プリントでほぼ満点が取れるテストもあります。




取扱説明書がないので、使い方は生徒一人ひとりに任されて

いますが、

ツール(道具)は正しい使い方をするからこそ、

役に立つのです。



今までと同じことをやっていては、同じ得点しか望めません。

今回のテストでは、ワークを使い倒しましょう!


■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

中間テスト対策《ミラクル中間》

 5月20日スタートです!


■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


最後までお読みいただき、ありがとうございました。