当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

「できる」の基準!

こんにちは。

基礎基本を徹底する明青学院 塾長の関口智明です。


成績を上げるためには、「できないところをできる

ようにすればいい」
だけです

ここに焦点を絞って学習していけば、必然的に成績はアップして

いきます。


そんなの当り前じゃないですか!(`×´)

そうなんです。当り前なんです。

でも、実際にそれを徹底できている人って、中学生にはあんまり

いないんですよ。

自分ではやっているつもりなのでしょうが、私たちが考える

「できるようになる」という基準を満たしている人は少数です。



人によって「できる」の感覚はまちまちです。勉強しているのに

いつまでたっても認められないと不満が募り、やる気がなくなり

ますのので、私たちは「できる」の基準を定めています。



①いつでもどこでも満点が取れる!

例えば、学校のワークで解けなかった問題は、解法をしっかり

理解しながら、何度でも繰り返し解きます。解説を読んで、

「ふ~ん、なるほど」「こうやって解くのか」とか、正答を

写して勉強したつもりになっていてはいつまで経っても、

できる量は増えていきません。

もちろん、また別の日にできるかを確認します。忘れてしまって

いたら、またそこで繰り返します。この反復トレーニングをする

ことで、いつでもどんなテストで満点がとれるようになります。



②時間内に完璧に終わらせることができる!

テストが終了すると「あと、○分あったら全部出来たのになぁ」

とか「時間が足りなかった」とか、口にする生徒さんがいます。

できなかったことを時間のせいにしている段階で、心構えを

リセットする必要があるので、そんな生徒は即面談です!

テストは、時間内にどれだけ正確に解けるか(処理できるか)

を問われている訳ですから、単純に上記の生徒は、実力が

足りなかったのです。まず、自分の立ち位置をしっかり認識

させた上で、日頃から、時間に対する意識を持たせるために、

明青学院ではキッチンタイマーの登場となります。


③クイックレスポンス!

単純に5秒ルールです。知識が刷り込まれていれば、即答

できる!はずなので、質問されてすぐに答えられなければ、

それはできていないと見なされます。

例えば、「そのニュースは私を悲しくさせた」という和訳を

英文に直しなさいと言われて、「え~っと」と言っている

うちはまだまだの状態です。「The news made me sad.」と即答

できるようになっていなければできるとは言えません。



このような「できる」の基準に近づくため、今日も明青学院の

生徒たちは反復トレーニングを繰り返しています。


■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

中間テスト対策《ミラクル中間》

 5月20日スタートです!


■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

本日も最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。