当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

先生、やる気が出ないだけど・・・

こんにちは。

基礎基本を徹底する明青学院 塾長関口智明です。



学校の面談で「やる気を出して頑張りなさい」と言われた

ことはありませんか?

本当は、「先生、やる気の出し方を教えてください」とか

「何をどう頑張ればいいのですか」とか聞きたいのに

とりあえず頷いてその場を取り繕う経験をした人は多い

ことでしょう。



「やる気がでないんだけど・・・」と相談してくる生徒は、

やるべきことが分かっているだけでも、他の生徒より勉強に

対する意識が高いです。

「気持ちを切り替える練習」をしていけば、やる気が出る、

出ないを考える前に、勉強に向かえるようになるはずです。



では、

「どうやって気持ちを切り替えていくのか?」




学校では、切り替えるためにチャイムが鳴りますよね。それが

「私の時間⇒公の時間」への切り替えの合図です。

さらに、「起立・礼・着席」の挨拶を行ない、生徒の気持ちを

勉強に向かわせます。

明青学院でも、休み時間はキッチンタイマーで計り、授業の

始まりには「起立・礼・着席」を行ないます。

学校と同じように、二段構えで生徒を公の時間に切り替えさ

せてから勉強に入ります。



しかし、家庭では「私の時間」しかありませんから、自然と

勉強に入っていけないのだと思います。

ですから、家庭で過ごす時間にも「公私」をつけて

「勉強する時間は公の時間」だと意識する
ように

してください。

だから、休み時間が終了したら(家庭でもキッチンタイマー

で休み時間を計るといいと思います)、ゲームの途中でも、

テレビの途中でも、LINEの途中でも、・・・

その動作をストップする必要があるのです。



そして、勉強する前の儀式を決め、儀式が終わったら

すぐに行動することです。

儀式とは、
例えば、テーマソングを決める、勉強する前には

逆立ちをする、ひとり「起立・礼・着席」・・・などです。

儀式が終わったら必ず「すぐに!」勉強を

始めてください。





儀式のあとにいろいろ考える時間があると、心の弱さが出て

きます。つまり、やらない理由を考え始めます。小さな誘惑を

一つずつ潰していくことで行動はコントロールできるように

なっていきます。





さらに、勉強するには、勉強するのに好ましい

環境が必要
です。



あなたが一番楽にその環境を手に入れるには、塾のように

同じ目標を持つ人々の中に身を置くことです。

つまり、好ましい環境にあなたが入っていくことです。



もし、好ましい環境を自分で作ろうとしたら・・・それには

努力が必要です。それは、自分の行動を妨げるもの(例えば、

スマホや雑誌、テレビやゲームなど)を身近に置かないこと

です。

勉強する場にそれらを持込まない、あるいは、それらがある

場所を避けて勉強することです。



もし、自分をコントロールして、行動もコントロールできた

なら、「やらされている勉強」から格段に高いレベルの勉強

ができるようになり、高校入学後の学習や大学受験に必要な

基本姿勢を手に入れることができます。


まずは、中間テストに向けての学習で練習していきましょう。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

中間テスト対策《ミラクル中間》

 5月20日スタートです!


■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

本日も最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。