当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

正しい勉強法ってあるのかな?

こんばんは。

基礎基本を徹底する明青学院 塾長関口智明です。


さて、今晩は「勉強法」についてのお話です。

保護者の方の相談で必ず上位に入るのが

「正しい勉強法を子どもに教えてください」という

相談です。「正しい=効率のいい」ということだと思うのですが

そもそも、そんなものが明確に存在するのでしょうか?




ちなみに、明青学院は駅から300mぐらいの場所にありますが、

ここに来るまでに7社ほどの学習塾・進学塾があります。

ということは、7つの指導法・勉強法が存在する訳です。

ネットで検索すれば、たくさんの勉強法のページが出てきます。

本屋さんに行けば、○○生が教える勉強法などのHOW TO本が

並んでいます。

つまり、勉強法は星の数ほど存在するのです。




もしかしたら、あなたが今やっている勉強法も正しいかも

しれない。今、成績が上がっていなくても、チョット改善

すれば、もう少し継続すれば上がり始めるのかもしれない。

そのくらい勉強法とは曖昧で、一つの勉強法が万人に通じる

訳ではないのです。



さらに、自分に合う・合わない勉強法はあるかもしれないが

それを確かめるためには数ヶ月継続しないと結果が出てこない。

継続しても、どの段階で判断するのかはさらに難しい。

(どんな勉強法でも、三ヶ月真面目にやれば結果は出ると

思うが・・・)




いろいろと述べてきたが、

結局、成績アップは「できないところをできる

ようにする」という本質と

「それを行なうためには反復が必要だ」

ということに辿り着くのではないだろうか。






だから、


勉強法をいつまでも探し求めるのはそろそろやめにしませんか?

考えるべきは、「どうやって継続していくか」という

ことに気づきませんか?




多少効率の悪い勉強法でも、続けていれば脳に耐性が出てくる。

脳の処理能力が上がってくる。そうすれば、同じ時間勉強しても

解ける問題数が多くなってくる。

だから、続けていればできるようになってくるのです。

(効率が悪いなと思いながら、同じことをずっと続ける人も

いないと思いますが・・・)




勉強法よりも、継続法を考えていこう。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

中間テスト対策《ミラクル中間》

 5月20日スタートです!


■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

本日も最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。