当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

子どもに合った学習スタイルはどれ?

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける生徒を育成する

明青学院 塾長の関口智明です。



以前、世の中には本当にたくさんの勉強法があって、

指導法があるので、塾もたくさんあり、教材もたくさん

あります。云々・・・と書きました。



さて、その数ある指導法の中で、

明青学院は「自立型個別指導」

いう指導法で、学習指導しています。



「自立学習」=「まったく教えない授業」「自習と

何ら変わりない授業」とお思いの方が多いので、

少し説明させていただきたいと思います。




「自立学習」の塾をネットで調べてみると、分からない

部分は自分で調べて、自分自身で解決していく塾が

多いようです。

自己完結型の指導と言うのでしょうか・・・



しかし、そこで怖いのは各々理解の度合いが異なる

ということです。

特に、基礎となる部分を適当に(自分なりに)理解して

しまったら、

その後の知識は誤った、あるいは脆弱な土台の上に

乗せていかなければならないということです。




ですから、明青学院では、基礎となる部分については

しっかり生徒に説明させます。

「説明できる=理解している」ということですから。




また、「自立すること」はまったく他人に頼らない

ことではありません。

大人だって、すべてのことを全部一人でできる

ようになることは不可能です。



「餅は餅屋です」



必要な知識や困った時は、他人に尋ねればいいのです。

ただし、「全部教えてください」では、教える方も

困ります。

自分でここまでやってみたが、その先が

分からない。自分でやるだけのことをやってから

助けを求めるのです。そうすれば、大概の人は

助けてくれるはずです。




勉強も同じです。

自立学習だからといって、すべてを自分一人で

やろうとする必要はありません。

自分で調べて、考え抜いて、それでも分からないことが

あったときは、素直に聞けばいいのです。

とことん、分かるまで説明します。



明青学院の「自立型個別指導」は

とことん教える自立学習です。





これからの時代をしなやかに生きていくためには、

学び方をしっかり学んでいく必要が

あると思います。




本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。