当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

私の履歴書①

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる

明青学院 塾長の関口智明です。



今回から、私が塾を開くに至った経緯や何を思いながら

経営しているのかなどを書いていきたいと思います。



私が中学生だった頃は、いわゆる詰め込み教育の最後の

世代あたりで、1クラス50名、1学年450名の今では

考えられないくらい生徒がいた時代です。



家のすぐそばの塾(当時は大手塾はなかったので個人の塾)

に小学6年生から通っていたので、英語・数学については

特に学校で苦労したことはなかったと思います。

ただ、その塾はテストの成績順に前から座ることに

なっていて、宿題を忘れるとバットを挟んで

正座させられるスパルタ塾でした。

そんな訳で、宿題だけはしっかりこなしていました。

進研ゼミもやっていましたが、最終的には封も開けずに

山積み状態たったのを覚えています。



塾と宿題だけで学校の勉強を乗り切り、定期テスト

2週間前からだけ勉強する「あまり勉強していない子」

でしたが、そこそこの成績で、クラスでは5~7番

だったと思います。




しかし、その場しのぎの勉強しかしていなかったので、

志望校選択の時期になり、理社の成績が悪く

第一志望校への合格率は50%程度でした。



学校の三者面談では、志望校を下げることも考える

ように言われましたが、

どうしても志望校を下げることは嫌だったので、

理社を自分なりの勉強法(塾をやって知ったのですが、

モリーツリーという勉強法でした)で数ヶ月、計画的に

取り組みました。

「一生懸命勉強したな」と思えるのは、本当に、受験前の

数ヶ月だけでした。


結果は、何とか第一志望校へ合格!

高校に入ったら、勉強しなくちゃな。

部活はどうしよう。

恋愛もしたいな~。



ワクワクしていた卒業式の数日前、

父が突然倒れ、そのまま、この世を去った。