当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

私の履歴書③

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる

明青学院 塾長の関口智明です。



前回の続きです・・・



大学受験はすべて失敗した。浪人決定!

正確には、浪人は覚悟していた。記念受験に近かったかも

しれない。

あまり失意はなかった。

周りの友だちもほとんど浪人したからだろう。



浪人生活を経て、とりあえず大学生になった。

第一志望には入れず、いわゆる滑り止めの大学に入学した。



大学の授業は退屈だった。

語学は中学レベルだったし、

専門分野も全体像が見えないまま、一つひとつのピースを

勉強する感じで、どう役立つのか分からないままであった。



それでも、親に申し訳なかったので授業だけは出席した。

休み時間には友だちと語った。

将来の夢、人生、恋愛・・・

楽しい大学生活ではあったが、

「こうなりたい」という強い意思を確立するまで

真剣に悩んだという記憶はない。

モラトリアムという言葉が使われだした頃のことだ。