当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

私は●●●で集団授業をやめました⑷

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる

明青学院 塾長の関口智明です。




私は、

授業をすること=先生が先頭を走り、

生徒が離れないように

一生懸命ついていくということ
だと思っています。

まぁ、カルガモの引っ越しのようなイメージです。




新規内容を教えているうちは、十分機能するのですが、

受験を意識する時期になると

べったりとした関係から少し距離を置いた関係へと

移行せざるを得ません。

つまり、独り立ちの準備期間に入るわけです。





第一志望合格に向けて、

「自分にとって必要な勉強」を始めるための

心構えを作り、動き出すための期間です。




突然独り立ちできるはずもないので、

授業中の説法や面談、セミナー、休み時間の会話など

さまざまな段階を踏んで準備させていきます。


しかし、

ずっとべったりな関係から離れられない子どもが

確実に増えてきました。



「○○終わりました。次は何をやればいいですか?

「キミは何が必要だと思う?

「さぁ~・・・」

 (≧▽≦)  絶句・・・




もっと、強者もいます。



「先生なんだから、指示をだしてよ」

 (;´▽`A``   う~ん




彼らは決して成績の悪い子たちではありません。

定期テストで450点をとるような子も聞いてくるんです。




このままの関係でも、合格させることはできる。

でも、今のまま高校へ行っても、確実に誰かに頼る。


私は

「依存心」の固まりのような子を育てているのでは?




誰も何とかしてはくれない。

この子たちは、社会で生き抜けるのだろうか?




いつかは気付いて、変わっていくと思うが、

変わるなら早い方がいい!




そして、集団授業をやめることにしたのです。



(続く)