当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

私は●●●で個別指導もやめました(追加)

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる

明青学院 塾長の関口智明です。



明青学院には、1:2の個別指導コースもありました。

個別指導を受講するお子さんは、学力に不安がある

お子さんが多かったです(当塾の場合)。




個別指導の最大の売りは、

自分のカリキュラム・ペースで学習できる

ことである。

いつまでに遡行(振り返り)学習を行い、

いつまでに該当学年の学習を行ない、

目標の得点・偏差値を達成するのか、という

スケジュールが立てやすい。



しかし、自分のペースで学習で勉強して、

3年間で学習すべき内容が終わるのか?という疑問がわく。

あるいは、超基礎的な内容のみを指導して、標準レベルより

上の問題はやらない、ということになるのか?



明青学院の場合、

最終的には3年間の超基礎問題ができるレベルまで、

到達レベルを下げざるを得なかった。

より上を目指すならば、毎日でも指導したい。

受講数を増やすお願いをするのだが、

残念ながら経済的に難しい。




また、高い指導レベルを維持するのが難しい。

正社員が1:2の指導をすることは、経営的に厳しいので、

どうしてもアルバイト先生に頼らざるを得ない。

もちろん、さまざまな研修は行なうが、

先生の当たり・はずれがあるのは、事実である。




さらに、成績が芳しくない状態で入塾するということは、

学習量が少ないということであるので、

「家庭で学習しない習慣」がついている子が多い。



塾の授業は、理解中心の授業になるので、どうしても問題量が

不足する。

だから、家庭学習でたくさんの問題を解いて、定着を図るために

宿題を出すのだが、

勉強しない習慣がついている子は、やっぱりやらない。

そして、

最悪、先週教えた内容を今週も教えるはめになる。



「やる気にさせるスキルが不足していたんでしょ!」と

言われればそれまでだが、こんな状況だった。



だから、結局、大幅な成績アップは望めない。

「現状維持しているだけでも、学習範囲が広がっている

のだから、できるようになっているんですよ」

などと、最終的には面談で詭弁を使うようになった。





心が折れそうになった。


悩んだ・・・


いろんな塾に無理を言って見学させてもらった。






出会った生徒全員の成績を上げるためにはどうすればいいのか?

もしかしたら、夢物語なのか?




そして、





「やらせれている勉強」では、ダメなんだ!



子どものマインドを変えなければ、ダメだ!



「自らが必要だ!」と思って、「自ら勉強できる」

ようにならないと、成績は上がらない。





こんな、結論に至ったわけである。






授業形態を変えるのは、勇気が必要でしたが、

「自立型学習」に変えたのです!



本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。