当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

分からなくなる瞬間?

こんばんは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる

明青学院 塾長の関口智明です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明青学院では

1学期中感テスト対策授業

を行なっています。


塾生以外の方は

中1生:先着3名、中2生:先着5名、中3生:先着3名

のみのご案内となります。


昨年度の定期テストでは

 5科100点UP

 5科90点UP

 5科53点UP

など、成績が大幅UPしました。


「本気で成績を上げたい!」

とお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


子どもたちは「分かった」と思える瞬間は体感できます。

勉強が楽しいと思える瞬間です。

でも、「分からなくなった」のがどの段階からかは、

明確には答えられません。



ある単元について「分からない」ということ

つまり、「概念が理解できない」とか

「問題が解けない(解法が理解できない)」とか

は体感として経験できますが、

曖昧な知識の積み重ねが崩壊した瞬間は、

残念ながら感じ取ることは出来ません。



その段階はこんな感じでしょうか。

授業中の説明が理解できる
    ↓
授業中に指定された問題が解ける
    ↓
「解けるのは当り前」の意識が薄い

(解けないようならば、よほど説明が下手なのです)
    ↓
「出来る」と勘違いする
    ↓
問題演習量が減る

(記憶として残すにはどのくらいの量が必要か知らない)
    ↓
確実な知識が積み重ならない状態で終了
    ↓
後日、改めて問題を解いたとき、

「どうやって解くんだっけ?」

「どんな文の形だったけ?」

と感じた瞬間に、曖昧な知識が崩壊していることに

気がつくのです。




当然、再度復習して知識を再構築するべきなのですが、

残念ながら、授業は既に先に進んでいるので、

それをやることは大変な労力が必要です、

また、改めて問題を解くまでの期間が長いほど、

気付くまでの期間が長いわけですから、

知識を再構築するのに時間がかかります。

これが出来ないために成績の下降が始まるのです。





これを回避するには、

⑴ 
授業中の問題は出来て当り前!の感覚

⑵ できた」の基準を明確に持っていること。

⑶ 定期的な復習のタイミング

⑷ 知識を再構築するのに適した教材


が、必要になります。




それでも人間ですから、時の経過とともに記憶は薄れます。

だからこそ、定期的に覚え直しをして

無意識に刷り込まれるまで繰り返していくのです。




このレベルまで学習することが出来れば、

成績は高いレベルで維持することができるはずです。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

明青学院には下降気味のお子様の成績を復活させる
メソッドがあります。それが自立型学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□