当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

テスト前によくある光景

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる

明青学院 塾長の関口智明です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明青学院では

1学期中感テスト対策授業

を行なっています。


塾生以外の方は

中1生:先着3名、中2生:先着5名、中3生:先着3名

のみのご案内となります。


昨年度の定期テストでは

 5科100点UP

 5科90点UP

 5科53点UP

など、成績が大幅UPしました。


「本気で成績を上げたい!」

とお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


中間テスト対策の授業中、社会のノートまとめをやっている

生徒を発見しました。

勉強の仕方を徹底してきたつもりでしたが、

入塾して間もない生徒さんには、

まだまだ徹底しきれていませんでした。(・・;)




近づいて行って、質問します。



なんで、今ノートまとめをやっているの?」

「今まで、テスト前にはいつもやっていたから」

「でも、まとめて覚えている実感がある?」

「う~ん、そんなにでも・・・・」

「勉強の仕方は伝えてあるよね~」

「でも、いきなり問題を解くと、

 バツばっかりなんだもん」

「いいんだよ、それで。バツがついた問題は

 知識が足りない問題。

 キミにとってのごちそう
だよ。

 遠慮なくバツをつけてください。」





その後もいろいろ話をして、少女に納得してもらいました。

やるべきことが分かった彼女は、

MRの一問一答問題から真剣に解き始めた。

バツがついた問題は、「ごちリスト」に転記しながら。




バツがつくこと(=知らない・出来ないこと)は

恥ずかしいことではない。

それを放っておくことが、

一番恥ずかしいことだ!




そして、


勉強すること=作業することではありません。


皆さん、勘違いしないように!





さあ、塾生のみなさん、

あと少しの期間頑張りましょう!




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

明青学院には下降気味のお子様の成績を復活させる
メソッドがあります。それが自立型学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□