当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

英語は好き、数学は嫌い

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる
明青学院 塾長の関口智明です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明青学院では

1学期中感テスト対策授業

を行なっています。


塾生以外の方は

中1生:先着3名、中2生:先着5名、中3生:先着3名

のみのご案内となります。


昨年度の定期テストでは

 5科100点UP

 5科90点UP

 5科53点UP

など、成績が大幅UPしました。


「本気で成績を上げたい!」

とお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。


定員になりましたので、締め切らせていただきました。

ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


生徒と話をすると、教科ごとの好き嫌いを明言する子が
よくいます。


成績の良い子は、嫌いでもやらなければならないのを
分かっているのですが、
成績中位層の子は、頭では分かっていても行動できない
ことが多いように思います。


さらには、「嫌いだからやらない!他の教科でカバー
する。」などと、小学校低学年なみのことを言う生徒も
おります。


ある教科を嫌いになる理由は、大抵、他人が悪いことに
なっています。
(なぜなら、自立していない子達だから)


先生が嫌い、教え方が悪い、性格が悪い、挙げ句の果て
には、口が臭い・・・など、出てくる、出てくる。


「でも、入試は5教科だよ。どうするの?」と問いかけ
ます。


「自力でできるようにする!」いいですね~、自立の芽
が出かかっています。
「・・・・、どうしよう」全く自覚がない人も・・・


しっかり考えてください!
勉強で大切なことは、好き嫌いでなく
「できるようにする」ことの一点のみ
です。


いろいろな理由をつけてみても、結局は
自分ができる教科は好き
自分ができない教科は嫌い

なのである。


嫌いな教科もできるようになれば好きになる。


今、英語が好きで、数学が嫌いで、というのは
どうでもいい話。できるようになれば、好きに
なるから。


生徒諸君、
大人の階段を一歩上って、自分で自分の
首を絞めるような行為をやめにしませんか。


嫌いだから、授業に集中しない、話をしっかり聞かない
なんで、自分が損するだけなのですから。


好き嫌いを考えずに、
「どうすればできるようになるか」
に意識を集中していきましょう!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

明青学院には下降気味のお子様の成績を復活させる
メソッドがあります。それが自立型学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■