当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

夏休み!海だ!山だ!勉強だー!!

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる
明青学院 塾長の関口智明です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明青学院では

7月22日(月)~8月27日(火)で


夏期講習


行ないます。



中1・中2生は英数の復習

中3生は、5教科の受験対策(弱点補完)を中心に

おこない、終わった生徒から先取り学習に入ります。



受講コースは、15日間・20日間・25日間を選択できます。

塾生以外の方は、

中1生:先着4名、中2生:先着3名、中3生:2名

のみのご案内となります。


「本気で成績を上げたい!」

とお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


中間テストが終わりました。(2学期制なので)
そのご報告は、後日ということで、そろそろ
夏期講習のチラシが入り始めたので、夏休みについて
考えていきたいと思います。

受験生のみなさん、
「夏は、受験の天王山!」とか
「夏を制する者は、受験を制する!」とか
よく言われますよね。


私も中学・高校時代に言われた記憶があります。


夏休みの40日間、自由な時間がたっぷりあるのは
事実です。その使い方によって、大きな差がつく
ということを言いたかったのでしょうが・・・


でも、この仕事をして

「入試の天王山は、秋以降ずっと!」

「夏を制したぐらいでは、受験を制することは
 できない!」

「日々を制した者だけが、
 受験を制する!」


これが正しい表現だと思います。


ですから、
夏休みは天王山に備えて、勉強体力と
脳の耐性を鍛える時期
だと考えると
いいと思います。


具体的には、学校へ行っているのと同じ生活をする
ことです。6時間授業+家庭学習2~3時間の勉強を
規則正しい生活の中で行ないましょう。


前日、深夜まで勉強していたから、寝坊した!とか
自分は夜型だから、夜にならないと勉強できない!とか
言っていた先輩たちで成績が大幅にアップした人は
あまりいない。


生徒諸君、

「夏は受験の天王山」云々は
真実ではないが、事実を含んでいる。


起床と就寝の時間をしっかり決め、普段通りの生活を
送るようにしよう。学習時間は6~8時間!
それでも、遊ぶ時間はあるはずだ。

ただし、学校の授業には体育や音楽などがあり
息抜きできますが、
夏休みの勉強は5教科だけですから、かなり大変です!



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

明青学院には下降気味のお子様の成績を復活させる
メソッドがあります。それが自立型学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■