当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

当り前のことをやるのが大変!

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる
明青学院 塾長の関口智明です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明青学院では

7月22日(月)~8月27日(火)で


夏期講習


行ないます。



中1・中2生は英数の復習

中3生は、5教科の受験対策(弱点補完)を中心に

おこない、終わった生徒から先取り学習に入ります。



受講コースは、15日間・20日間・25日間を選択できます。

塾生以外の方は、

中1生:先着4名、中2生:先着3名、中3生:2名

のみのご案内となります。


「本気で成績を上げたい!」

とお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


世の中には、自分が当り前と思っていることが、
他人にとっては当り前でないことが多くある。
同様に、自分の家の常識が、他の家庭の非常識という
ことも、往々にして存在する。


いろいろな場面で、恥をかいたり、冷や汗を流したり
して、
自分の当り前が世の中では通じない場合があることを
大人たちは経験上知っている。


分かりやすく言えば、
イチロー選手やダルビッシュ選手が、自分の中では
当り前だと思っていること、自分では意識せずに
当り前にできていること、
これらは他の野球選手からすれば、全く当り前のこと
ではない。


この2人が当り前にやっていることを、プロ野球選手
全員ができたら、イチロー選手やダルビッシュ選手は、
すごい選手ではなくなってしまう。


2人の当り前は他の選手から見れば、
とてつもなく、すごいことなのだ。


勉強に置き換えてみよう。
成績の良い子が、自分では当り前と思っていること、
定期テスト前ならば、
1日4~5時間勉強する、
英語の本文は完璧に暗記する、
学校ワークは3回解いて、理解できない部分はまず
調べ、先生に聞いて、完璧に理解して先に進む・・・


勉強が苦手な子からすれば、「スゲー」と言われること
彼らは当り前にやっている。


しかし、
彼らがやっていることは、
彼らだけが特別に
教わったことではない


このように勉強することが大切だと、言われたことが
ない生徒はいないはずだ。


大切なことだから、何度も言われているはずだ。
逆に、
何度も耳にするから、心に響かないのかもしれない。



生徒諸君、

本当に大切なことは、
何度も耳にするし、目にする。



大人たちが何度も口にする言葉、
それらは当り前のことだと知ろう。


そして、当り前のことを当り前にやる覚悟を決めよう!


そうすれば、当り前にできるレベルが、
少しずつ上がってくる!


イチロー選手やダルビッシュ選手も
きっと、自分の当り前のレベルを上げてきたはずだ。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

明青学院には下降気味のお子様の成績を復活させる
メソッドがあります。それが自立型学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■