当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

それ、知ってる〜!

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる
明青学院 塾長の関口智明です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明青学院では

7月22日(月)~8月27日(火)で


夏期講習


行ないます。



中1・中2生は英数の復習

中3生は、5教科の受験対策(弱点補完)を中心に

おこない、終わった生徒から先取り学習に入ります。



受講コースは、15日間・20日間・25日間を選択できます。

塾生以外の方は、

中1生:先着4名、中2生:先着3名、中3生:2名

のみのご案内となります。


「本気で成績を上げたい!」

とお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


人の成長を妨げる言葉の1つに「知っている」という
言葉がある。


通常、私たちは人の話を聞く時には、注意深く聞き耳を
立てて聞いている。しかし、ある内容を「知っている」
と思った瞬間に、次の言葉は頭に入ってこなくなり、
思考が停止してしまう。


授業中でも、「○○○は知っているよ。だから、聞いても
意味がないじゃん!」・・・
解説授業をしている時に、このように顔に出ている生徒
も少なくない。
指導の経験上、このような生徒の成績は伸びない。


具体的に話をしていこう。


「勉強という努力を続けるためには、目標を決めて行動
することが大切である」ということは誰でも知っている。
1日、1週間、1ヶ月・・・の目標を立て、振り返り
改善して、次の行動うつることは、成長する上で、必要
不可欠である。


しかし、みんな出来ているのか?というと、
必ずしも、そうではない。
出来ている人の成績は、トップクラスのはずだ。


このように
「知っているけど、出来ていない」
ことは自分の周りにたくさんある。



「知っているだけ」では意味がない。
知識をひけらかす評論家のようなものだ。


「知っていること」をたくさん集め
ても意味がない。
出来るようにはならないからだ。


「知っていること」を「出来るように
する」ことが最も大切なのである。



生徒諸君、

自分の知っていることが、物事の全てでないことを
知ろう!

そして、“知っているかどうか”で物事を判断するのでは

なく、“出来ているかどうか”で判断していこう!



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

明青学院には下降気味のお子様の成績を復活させる
メソッドがあります。それが自立型学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■