当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

できる子に聞いた『英語の問題の解き方』①

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる
明青学院 塾長の関口智明です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明青学院では

12月25日(水)~1月7日(火)で


冬期講習
を行ないます。



中1・中2生は英数の復習

中3生は、5教科の受験対策です。



中1・中2受講コースは、

20時間・30時間・40時間を選択できます。


塾生以外の方は、

中1生:先着2名、中2生:先着4名、中3生:満員

のご案内となります。


「本気で成績を上げたい!」

とお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

受験生の皆さん、勉強は一生懸命しているんだけど、

なかなか結果が出せないことってないですか。

今日から数回にわたって、結果を出すための心構えや

設問の解き方、勉強法などをQ&A形式でお伝えして

いきます。

卒塾生を含め「できる子」に直接聞いた内容ですので

何か参考になれば・・・



Q1:テストの穴埋め問題で、いつも3単現のSを
   
   つけ忘れたり、ミスをしてしまうのですが、

   何か直す方法はありますか?



A:それはミスではありません。厳しい言い方ですが、

  それをミスだと思っているうちは、できるようには

  なりません。
穴埋め問題は、一見すると英単語を

  問われているように思えますが、適する英単語を

  ひねり出すのは第一段階で、それが答えになること

  はありません。

  その英単語をどのような形でカッコ内に入れるか、

  つまり、文法が問われているのです。

  それを肝に銘じておかないと、英単語が分かった

  ことでホッとしてしまい、そのまま記入しミスった

  ということになるのです。




生徒諸君、

設問には必ず出題者の意図がある。

それをしっかり意識して、解くことだ。

できる子はそこまで考えて問題を解いている。



□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

明青学院には下降気味のお子様の成績を復活させる
メソッドがあります。それが自立支援型学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■