当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

できる子に聞いた『英語の問題の解き方』④

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる
明青学院 塾長の関口智明です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明青学院では

12月25日(水)~1月7日(火)で


冬期講習
を行ないます。



中1・中2生は英数の復習

中3生は、5教科の受験対策です。



中1・中2受講コースは、

20時間・30時間・40時間を選択できます。


塾生以外の方は、

中1生:先着2名、中2生:先着4名、中3生:満席

となっております。



「本気で成績を上げたい!」

とお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

受験生の皆さん、勉強は一生懸命しているんだけど、

なかなか結果が出せないことってないですか。

結果を出すための心構えや設問の解き方、勉強法など

をQ&A形式でお伝えして
いきます。

今回はその4回目です。

卒塾生を含め「できる子」に直接聞いた内容ですので

何か参考になれば・・・



Q4:文法がなかなか頭に入りません。

   どうしたら覚えられるようになりますか?


A:勉強量は足りているという前提でお話ししますね。

  まずは、
文法を覚えるための問題と実力をつける

  ための問題をしっかり区別する
ことが大切です

  
  文法を覚える問題はワークの最初に出てくる問題

  です。例えば「現在の文を過去を表す語を加えて

  過去の文にしなさい」と言った問題です。

  同じことを何度もやるので、極論すれば、何も

  考えなくてもできるはずです。覚えるために

  やる問題だから、できないとマズイのですが・・・

  でも、この手の問題を解く時に1問ずつ文法を

  考え
ながら(覚えようとしながら)書くのと

 「同じことをやればいいんでしょ」
と思いながら

  流れ作業をするように解くのでは、効果が全然

  違うはずです。


  まずはこの心構えを作ることです。


  次に、
書いた答えを、読んだり、和訳したりする

  
ことです。「和訳しなさい」という問題でなくても

  必ず、英文を書いたら読んで和訳するのです。

  この作業を1問ずつ丁寧に行なうことです。

  慣れてくると、書いた英文が間違っている時には

  読むと何か変な感じがするようになります。

  
  あとは振り返るタイミングです。学校のワークは

  授業があったその日にやるのはもちろんですが、

  毎日、学校や塾で学習した文法のポイントや例文

  寝る前やお風呂で口に出して反復する
と効果的

  らしいです。ちなみに、私は自分の部屋のドアに

  紙を
貼って、学習した文法をどんどん書き加えて

  いきました。


  そして、部屋に入る時には必ずそれを読んでから

  入るようにしていました。

  これで結構頭に入ったような気がします。

  後輩の皆さん、お役に立ったか分かりませんが、

  自分なりに工夫して、覚えていって
ください。

  
  


生徒諸君、


やっぱり楽をして覚えたり、できるようになることは

ないのですよ。今、自分がやっていることの意義を

(何のためにやっているのか)をちゃんと理解し、

付加価値を加えながら、コツコツと努力していく以外

方法はなさそうです。

そして、時間を空けずに反復する必要があるということ

です。だから、英語は机に向かって勉強するだけでなく

たくさん目に触れるように、自分なりにいろいろと

工夫している
ようです。


ドラえもんの暗記パンは存在しないのだから、

「読む・書く・意味を言う」の3点セット
を高い意識で

実行できるようにしていこう。




□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

明青学院には下降気味のお子様の成績を復活させる
メソッドがあります。それが自立支援型学習です!


その方法をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■