当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

進んでいる道に間違いはない。

 

こんにちは。

しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる

明青学院 塾長の関口智明です。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明青学院では、只今

『中間テスト対策』

を実施中です。


塾生の皆さんは、

①できるだけ毎日塾に来て勉強してください。

②土曜日・日曜日の対策も、部活の時間以外は

 塾にいるようにしてください。



  
キミたちが、自分で決定した到達目標を

  決して絵に描いた餅にしてはいけない。


家庭学習で自分を律することができない場合は、

精神論を云々言う前に、学習環境を変えること。

みんなで、切磋琢磨して勉強しよう。



また、中間テスト対策にご興味をお持ちの方は、

下記までご連絡いただくか、HPよりお申し込み

ください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、


今日は中間テスト対策と北辰テスト対策のため

朝から晩まで演習
授業でした。

学校のワーク・プリントを3回解いて、過去問を

解いてテストに臨むことが、テスト前の「準備」です

ので、生徒たちは黙々と問題演習をこなして

いました。




設問を解くための知識を持っているのと実際に

問題が解けることは、全く別物です。



だから、知識を使いこなせるようになるために、

徹底的な演習(トレーニング)を我々は生徒に

課しています。

2年前から、いわゆる「自立学習」と呼ばれる指導に

シフトしたのですが、集団での指導や個別指導

よりも、ほぼ全員の成績を上げることができるように

なりました。



指導法を変えるきっかけは、

私立高校の塾対象説明会でした。



私立高校は、ある意味大学進学実績が生命線です。

その意味では「塾・予備校」の要素も多く含んでいる

と思います。ですから、特進・進学・総合など入学時に

コース分けして募集を行うのが一般的です。

入学時にコース分けすることには、若干の不満も

ありますが、指導の効率を考えた場合、仕方ない部分

もあるのかもしれません。


毎年、年2回説明会に参加すると、大体その学校の

こともわかっていますし、説明を聞いている時間は

正直いろいろなことを考える時間になります。



各私立高校のトップコースは、基本的に7時間授業で

「演習」の時間が組み込まれていることがほどんどです。

さらに、授業は速い進度で大学入試に向けて演習の

時間を十分にとっています。

つまり、「教える」作業はもちろん大切だが、成績を上げる

ためには十分な「演習」が必要不可欠である。

それを生徒任せにするのではなく、学校が主体となって

行っているのです。


多くの私立高校がこのような指導体制をとっていることに

気づき、確信を持って指導法を変えたのです。



自発的に黙々と演習をこなすことは大変です。

だから、みんなで一緒に勉強するのです。

その作業が、生徒たちを自立に向かわせ、

成長を促進するのです。





生徒諸君!



キミたちが問題を集中して解いている間、

私たちは一切声をかけません。


私たちがお手伝いするのは、

キミたちが漠然と問題を解いている時と

誤答になった理由が自分で理解できない

時だけです。


その設問を解くことが目的ではありません。

その問題を通して、知識の使い方を理解し、

それを覚えていくことが目的であることを

肝に銘じ、設問と対峙していこう。


そして、少しずつ私たちの手から

離れて行ってください。

 




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


明青学院にはお子さまをやる気にさせ、学力を向上
させるメソッドと環境があります!


内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■