当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

それって、ケアレスミス?①


こんにちは。


しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる

明青学院 塾長の関口智明です。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明青学院では、只今

『中間テスト対策』

を実施中です。


塾生の皆さんは、

①できるだけ毎日塾に来て勉強してください。

②土曜日・日曜日の対策も、部活の時間以外は

 塾にいるようにしてください。



  
キミたちが、自分で決定した到達目標を

  決して絵に描いた餅にしてはいけない。


家庭学習で自分を律することができない場合は、

精神論を云々言う前に、学習環境を変えること。

みんなで、切磋琢磨して勉強しよう。



また、中間テスト対策にご興味をお持ちの方は、

下記までご連絡いただくか、HPよりお申し込み

ください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、


中間テスト対策も終盤戦。

いよいよ明日からテストがスタートします。



毎回、反省の弁で聞かれるのが「ケアレスミス」。

入塾時の面談でも、ケアレスミスが多いので・・・

という話がよく出てきます。




まず最初に話しておきたいのは、

「何でもケアレスミスで済ますな!」ということです。




例えば、

数学でマイナスの数を分配するときに、符号を

間違えた

方程式で両辺を6倍するところを右辺にかけ忘れた

方程式ではないのに、分母をはらって計算してしまった



英語では、

動詞に3単現のSをつけ忘れた

過去形にするのを忘れた

複数形のSをつけ忘れた・・・



こんな間違いをすると、皆さんは

「うっかりミス」とか「ケアレスミス」とか言いますが、

残念ながらこれらはミスではありません。




設問の意図をわかっていない、

注意すべき部分をわかっていない

つまり知識を正確に表現できるだけの技量が

不足しているということだと思います。




本当のケアレスミスは、

問題用紙に書いた答えを転記する際に書き間違えたとか、

解答欄を間違えたぐらいなのではないかと思うのです。




本当のケアレスミスは、実際はほとんどない。

皆さんがケアレスミスと言っているのは、

本当はできないことを認めたくない、自分への

言い訳になっている部分が多いのではと思うのです。



ちょっと、厳しすぎますかね~。

では、100歩譲って、

普段できている問題がテストでできなかった

ことをミスというならば、ミスをしないようにするには

どうすればいいのか?




それは次回に述べさせていただきます・・・




生徒諸君!




問題演習ではできた問題ができなかった。

それはミスではなく、

単なる実力不足です。

問題演習の精度が低いということです。



それをミスと言って片づけてしまっていては

いつになっても得点を取ることはできません。



まずは、ミスではなく、

「できない」ということを自分自身が

納得してください。



その上で、

時間制限や正答率などの尺度で客観的に測り、

テストを受ける時のような緊張感を演出して

問題演習の精度を上げていきましょう。

 




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


明青学院にはお子さまをやる気にさせ、学力を向上
させるメソッドと環境があります!


内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■