当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

うまくいかなかった時に、キミはどう考える?


こんにちは。


しなやかに時代を駆け抜ける子どもを育てる

明青学院 塾長の関口智明です。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明青学院では、只今

『中間テスト対策』

を実施中です。


塾生の皆さんは、

①できるだけ毎日塾に来て勉強してください。

②土曜日・日曜日の対策も、部活の時間以外は

 塾にいるようにしてください。



  
キミたちが、自分で決定した到達目標を

  決して絵に描いた餅にしてはいけない。


家庭学習で自分を律することができない場合は、

精神論を云々言う前に、学習環境を変えること。

みんなで、切磋琢磨して勉強しよう。



また、中間テスト対策にご興味をお持ちの方は、

下記までご連絡いただくか、HPよりお申し込み

ください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、


昨日は台風が近づいているにも関わらず、

テスト直前の生徒たちは、朝から塾に来て

みんなで集中して勉強に取り組んでいました。

本当に良く勉強しています。

きっと望む結果が得られると思います。

いや、得られるといいよね。



でも、返却されたテストの解答用紙を見て

落ち込んでしまう場合もあると思う。

そんな時、キミはどう考える?




自分はだめな人間だ。

こんなにやってもダメなんて、能力がないんだ。

自分は価値のない最低な人間だ。・・・



うまくいっている時は、自信に溢れていて

楽天的な快活なキミも、

結果が伴わなかった途端に、自分の能力や価値が

決まってしまったような感じになりやしなか?



その結果、

コツコツと地道に努力するなんてまっぴらだと

思ったり、

物に八つ当たりしたり、親に喧嘩をふっかけたり・・・



ここまで凹めた人は、本当に努力してきた人だと思う。

ある意味、すごいことだと思う。




でも、たかが一回のテスト結果が良くなかっただけで、

自分はもうダメだ、どうにもならないと思ってしまい、

投げ出したり、努力をやめてしまう必要はない。



キミは、

自分の能力は変わらないと思っていないか?

失敗を恐れたり、弱点をさらすのを嫌う必要はない。



失敗はつきものだ。

たかが一回の失敗でキミの能力は測れない。



結果が出なかったのは、

もっとしっかり勉強するようにという警告だ。

まだまだチャンスはある。



キミが考えることは、

「勉強の仕方を変えてみる」

「勉強する時の意識を変えてみる」ことだ。






生徒諸君!




やったことが、すべて結果に現れることは

稀な出来事だ。

もちろんそうなって欲しいし、

そうなるように頑張ってきた。



うまくいかない時にこそ、

粘り強く頑張ることができる人になろう。

 人間の基本的能力は努力次第で必ずのばす

ことができるんだ。




その信念を腹の奥深くにしまい込んで、

また努力を始めていこう。






□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


明青学院にはお子さまをやる気にさせ、学力を向上
させるメソッドと環境があります!


内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□