当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

満腹の生徒【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さんへ】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



新中学1年生の皆さん・保護者様へ

 2016年1月23日(土)                10:30~12:00

ドキドキをワクワクに変えるセミナー


を開催いたします。




中学校ってどんなとこ?

どんな勉強をしていけばいいの?

小学校とどんなところが違うの?・・・



新しい生活・環境を思うとドキドキしますよね。

そんな小学6年生と保護者の皆様に今の中学校を

知っていただき、

ドキドキをワクワクに変えるためのセミナーです。



「未知」をいきなり体験してオロオロするよりも

「未知」を「既知」として対策してから体験する

ほうが安心ですよね。



たくさんの中学生と接している立場から、

中学校での学習から高校受験まで

お話をさせていただきます。



参加費は無料ですので、お友達を誘ってご来場を

ください。

お申し込みは、直接お電話いただくか、

HPよりご連絡ください。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


こんにちは。


「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」

と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。




冬期講習会2日目。

受験生は当たり前ですが、中学1・2年生の集中力も

たいしたものです。いいぞ~!



さて、表題には「満腹」と書きましたが、

別に、お腹がいっぱいというわけではありません。

お腹がいっぱいではなく、

言うなれば「満脳」、脳みそが知識でいっぱいいっぱいという

状態のことを指している。




特にこの時期の受験生に多いのですが、たくさん勉強すると

当然たくさんの知識を覚えていきます。

それを消化できずに、頭の中がいっぱいで、

さらに詰めていくと、耳や鼻から知識が溢れてきそうな子の

ことを「満腹の子」と呼んでいる。





食物は、必要な栄養素を吸収したら、不要なものは体外へ

排出される。

しかし、満腹の子はなかなか知識を消化することができない。

核となる必要な知識のみを残して他を忘却してしまうことが

難しいのだ。

知識の整理がなかなかできない。




頭のキャパシティーがいっぱいで、空きスペースがない

状態だ。だから、新たな知識を入れていくことが難しい。

一生懸命勉強しているのにである。





もちろん、

何とかしてあげたいと思う。

助けてあげたいが、残念ながらどうすることもできない。




自分で消化のスピードを上げるか、

詰め込んで、詰め込んでを繰り返しているうちに

頭のキャパシティーが広がるのを待つしかない。




本人は辛いだろうなと思う。

やってもやっても、なかなか吸収できず、苦しんでいるのも

十分わかる。




でも、ごめん。




やっぱり「頑張れ!」と言ってしまう。

やっぱり背中を押し続ける。

勉強量も勉強の質も緩めることは許されない。

立ち止まるのはまだ早い。




だから、諦めずに進んでいこう!

続けていれば、必ずブレイクポイントはやってくる。


 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


明青学院にはお子さまをやる気にさせ、学力を向上
させるメソッドと環境があります!


内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□