当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

〜のように見える生徒【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さんへ】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



新中学1年生の皆さん・保護者様へ

 2016年1月23日(土)                10:30~12:00

ドキドキをワクワクに変えるセミナー


を開催いたします。




中学校ってどんなとこ?

どんな勉強をしていけばいいの?

小学校とどんなところが違うの?・・・



新しい生活・環境を思うとドキドキしますよね。

そんな小学6年生と保護者の皆様に今の中学校を

知っていただき、

ドキドキをワクワクに変えるためのセミナーです。



「未知」をいきなり体験してオロオロするよりも

「未知」を「既知」として対策してから体験する

ほうが安心ですよね。



たくさんの中学生と接している立場から、

中学校での学習から高校受験まで

お話をさせていただきます。



参加費は無料ですので、お友達を誘ってご来場を

ください。

お申し込みは、直接お電話いただくか、

HPよりご連絡ください。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


こんにちは。


「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」

と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。



 

冬期講習会5日目。



そろそろ、

受験生と言えども、意識に隙ができてきて

全国公立過去問の演習やそのやり直しがルーティンに

なってきた感じを昨日の夜受けた。

経験上、ほぼ確かな感覚だ。

よって、今日は朝から説教でした。




「勉強している」ように見える。

「真剣に解いている」ように見える。

「頑張っている」ように見える。

すべてが、「している」と言い切れず、

「ように見える」状態だ。




その原因は、今自分がやっていることに

「想い」が入っていないからだ。




一つでも多くの○をつける、今まで解いてきた問題と

類似しているものは、絶対に落とさない。

そんなエネルギーを発しながら、

勉強をしている人がどれだけいるんだ。

結局、こちらが用意したスケジュールを

ただ、漠然と消化している状態ではないか。




想像が足りないのだ!


公立上位校は実受験倍率が1.5倍程度だ。

つまり、300人の定員だとしたら、450人が受験する。

(この表現では、生徒たちにあまり伝わらない)

友達3人で受験したら、1人が落ちる計算になる。

だから、試験日は友達と行ってもいいが、発表日は

一人で行く方がいい。

もしもの場合、自分も相手も気を使うから・・・




言葉は悪いが、そいつらが、

今どんな気持ちで問題を解いているのか。

どれだけの密度で時間を過ごしているのか。

どれだけ俯瞰して次の問題に進んでいるのか。

・・・




そんなことをイメージしただけで、

背筋が寒くはならないか。

今の自分で大丈夫なのか。疑問を持たないのか。

不安でいっぱいになるはずだ。





それに打ち勝つことが勝負に勝つこと

と信じて、今、目の前の勉強に真摯に

向き合え!




それができなければ、

受験資格すら得られない。




以上、説教のないようでした。





では、授業に戻ります・・・


 


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


明青学院にはお子さまをやる気にさせ、学力を向上
させるメソッドと環境があります!


内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□