当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

中2数学(3学期学習内容)【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さんへ】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



新中学1年生の皆さん・保護者様へ

 2016年1月23日(土)                10:30~12:00

ドキドキをワクワクに変えるセミナー


を開催いたします。





中学校ってどんなとこ?

どんな勉強をしていけばいいの?

小学校とどんなところが違うの?・・・



新しい生活・環境を思うとドキドキしますよね。

そんな小学6年生と保護者の皆様に今の中学校を

知っていただき、

ドキドキをワクワクに変えるためのセミナーです。



「未知」をいきなり体験してオロオロするよりも

「未知」を「既知」として対策してから体験する

ほうが安心ですよね。



たくさんの中学生と接している立場から、

中学校での学習から高校受験まで

お話をさせていただきます。



参加費は無料ですので、お友達を誘ってご来場を

ください。

お申し込みは、直接お電話いただくか、

HPよりご連絡ください。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


こんにちは。


「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」

と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。



 

今日は、「中2数学」について書いていきます。



3学期の学習内容は、

①三角形・四角形

②確率

の2つです。




三角形については、直角三角形の証明からの学校が

多いと思いますが、中1同様、学校によって進度は

まちまちです。




図形の性質ももちろん学習するが、メインは証明。

証明は、考え方の道筋を文章に表すわけだが、

苦手な人の多くが、定義・合同条件・平行四辺形になる

条件を覚えていないため、道筋どころか、

全く何を書いているのかが分からない

(書いている本人も分からない)ことが

往々にしてある。



覚えていないと言うと、語弊があるかもしれない。

言わせれば言えるのだから。




文章としては覚えているけれど、

図形と一致しないと言うか、

どういうことなのか理解できていないと言うか・・・

正確には分からないが、

論理的に考えることが苦手な生徒にとっては

難易度が高いのだろう。




覚えるべきことを覚えて、

どの条件に当てはまるかを考えるだけ。

そして、証明の書き方のパターンを身につけるだけ

だと思うのだが・・・




苦手な生徒(苦手だと自己申告する生徒)の特徴は、

まず、

設問を読んで書いてあることを図に記入しない。

そして、

設問を読み終えたら、すぐに証明を書き始める。

「お前は天才か!」とツッコミを入れたくなるくらい

の早さで!

それで考えられるはずはない。

結果として、できないから苦手だと思い込む生徒が多い。




いえいえ、あなたの解き方は

何の下ごしらえもせずに調理を始めるのと同じです。

野菜もきらずに皿に盛り、サラダです!と出している

ようなものですから。




次の特徴は、図に記入したものの、そこから分かること

(例えば、平行マークを入れたら、同位角・錯角まで

マークするなど)を書き入れないため、苦しむ生徒が

多いということです。

これも何も考えていません。

この部分の処理をどうこなすかによって、

図形の出来は大きく変わってくると思ってください。





最大の難関は、「等積変形」になるでしょう。

入試レベルの一次関数や面積比の問題でも使いますので

「底辺比=面積比」がスムーズに分かるレベルまで

類似問題を解いておけば、来年が楽になるでしょう。

まあ、

実際のところは、期末テスト直前にワークの図を

覚える人が多いと思いますが・・・




まだ、円も学習していないし、補助線を入れる問題も


少ないので、すべてが基本的な問題です。


だから何度もやり直しをして、着眼点・流れを身に

つけてください。


やり直しは、証明を書く必要はないですよ。

図に書いてあることを消して、真っ新な状態から

与えられていることを記入し、

頭の中で証明の流れを考えるだけでOKです。




さて、最終単元の「確率」です。

学校ではあまり説明してくれないようですが、

これは最初の「順列or組み合わせ」がしっかりと

理解できるかが大きなポイントになります。



あとは、樹形図が書けるように練習すれば大丈夫!

基本的な確率の問題はできるでしょう。





応用レベル・入試レベルでは、関数との融合問題として

出題されたり、設問の文章がかなり長くなるので、

設問を読んで「なるほどね!」と分かる理解力が

必要となります。




読解力や推測力を鍛えることが、

数学のこんなところにも役立つのです。

証明を書くのは面倒ですが、

図形は面白いですよ!それが少しでも体感できる

ようになるまで、苦しんでください。










 



 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


明青学院にはお子さまをやる気にさせ、学力を向上
させるメソッドと環境があります!


内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□