当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

中1理科(3学期学習内容)【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さんへ】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



新中学1年生の皆さん・保護者様へ

 2016年1月23日(土)                10:30~12:00

ドキドキをワクワクに変えるセミナー


を開催いたします。





中学校ってどんなとこ?

どんな勉強をしていけばいいの?

小学校とどんなところが違うの?・・・



新しい生活・環境を思うとドキドキしますよね。

そんな小学6年生と保護者の皆様に今の中学校を

知っていただき、

ドキドキをワクワクに変えるためのセミナーです。



「未知」をいきなり体験してオロオロするよりも

「未知」を「既知」として対策してから体験する

ほうが安心ですよね。



たくさんの中学生と接している立場から、

中学校での学習から高校受験まで

お話をさせていただきます。



参加費は無料ですので、お友達を誘ってご来場を

ください。

お申し込みは、直接お電話いただくか、

HPよりご連絡ください。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


こんにちは。


「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」

と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。



 

今日は、「中1理科」についてです。



3学期の学習のメインは、「大地の変化」になると

思います。

具体的には

「火山と火成岩」「地震」「地層と化石」。

どの領域も、基本的には覚えることが非常に多いので

学習してくのは、労力を要するでしょう。




地震では、当然、速さの問題が出てきますが、

苦手な生徒が多いです。

彼らの多くは設問を理解できずに、難しいと言って

質問してきます。

(決して難しいということはないのですが・・・)




だから、

必要なことは手を動かして、

設問を理解すること!に尽きます。




算数の問題のように、

線分図を書いて設問を理解して、速さ・距離を求めて

いけるように練習してください。




地層では、

カギ層を揃えて、

標高の異なる地点での堆積を考える問題が

できるようになっていれば大丈夫でしょう。




基本的な用語は全員が覚えられるとして、

差がつくのは上記の2点です。

ある程度、パターン化して解ける問題ですので、

理解しながらたくさんの問題を解けば大丈夫です。




3学期の学習内容は、

実験もなく(つまり考察もない)、資料を見るだけ

ですので、あまり面白くないでしょう。



ただし、覚えることは膨大にあるので

一回の学習でどれだけ頭に残すことができるか、

が大切になってきます。

だから、予習が絶対必要!

部活があって、予習する時間はあまり取れない

かもしれませんが

少なくとも教科書を読む、自力でまとめる程度の予習を

してから、授業に臨みましょう。










 



 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


明青学院にはお子さまをやる気にさせ、学力を向上
させるメソッドと環境があります!


内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□