当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

中2理科(3学期学習内容)【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さんへ】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



新中学1年生の皆さん・保護者様へ

 2016年1月23日(土)                10:30~12:00

ドキドキをワクワクに変えるセミナー


を開催いたします。





中学校ってどんなとこ?

どんな勉強をしていけばいいの?

小学校とどんなところが違うの?・・・



新しい生活・環境を思うとドキドキしますよね。

そんな小学6年生と保護者の皆様に今の中学校を

知っていただき、

ドキドキをワクワクに変えるためのセミナーです。



「未知」をいきなり体験してオロオロするよりも

「未知」を「既知」として対策してから体験する

ほうが安心ですよね。



たくさんの中学生と接している立場から、

中学校での学習から高校受験まで

お話をさせていただきます。



参加費は無料ですので、お友達を誘ってご来場を

ください。

お申し込みは、直接お電話いただくか、

HPよりご連絡ください。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


こんにちは。


「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」

と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。



 

今日は、「中2理科」について書いていこうと

思います。




3学期の学習内容は、「天気」です。

具体的には、

「露点・飽和水蒸気量」

「気圧の変化」

「天気の移り変わり」といったところでしょうか。




中学3年生になって苦労するのは、

まずは、飽和水蒸気量の問題。

露点という言葉は知っているものの、理解が浅い生徒が

非常に多い領域です。



特にグラフを使った問題、

湿度を求めたり、水滴となって出てくるのは何gと

いった問題です。



これは、

露点の理解が足りないのと

割合の問題ができないからです。

湿度の求めることは、単に割合を求めることです。

だから、公式を覚える必要はありません。

なかなか通じませんが・・・



露点とは、

飽和水蒸気量をその気温での水蒸気が入る升だと思って

ください。

その升の中に満タンに水が入っている状態、

つまり湿度100%の状態です。

その升は、気温の上昇とともに大きくなりますので、

升に入る量を100%とした時に、今入っている量が

何%かを表すのが湿度です。

気温が下がると升が小さくなりますので、

入りきれなかった分が水滴として出てきます。




文章にすると上手く伝わりませんが、

非常に簡単な問題です。



次に苦手なのが、高気圧・低気圧。

ほとんどの生徒が、理解しているというよりは

丸暗記しているといった状態です。

この辺りが理解できれば楽しいと思うのですが・・・



そして最後は、

前線・雲のでき方と種類・天気の変化です。

暖気が急上昇すると積乱雲ができ、大粒の激しい雨が

狭い地域に降る。

寒気が暖気の下に潜り込んでくる&暖気が寒気に沿って

緩やかに上昇していく図を

しっかりと説明できるようになっていれば、

気象の変化に関しては大丈夫ではないだろうか。




身近な気象ではあるが、

身近なのは、「今日の天気」のみです。

現象として自分なりに理解するのは、

なかなか難しい単元でもあるので

毎日、天気予報は見るとか、

新聞の天気図を見るとか、

少しずつ身近に感じられるようにしていきましょう。








 



 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


明青学院にはお子さまをやる気にさせ、学力を向上
させるメソッドと環境があります!


内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□