当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

成績を伸ばせなかった生徒③【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さんへ】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



~新しい自分を発見する春~

2016年度 春期講習生を募集!


お子さまにとって、短い春休みは無駄に過ごせば

「あっという間」かもしれない。

しかし、

何かを得ようとすれば、十分な時間でもある。



『勉強の質×勉強の量×やる気』で

お子さまの能力を最大限に鍛える!

 ☆春期講習会7つの特徴☆

①やる気を伸ばす!コーチングホームルーム

②自分のペースで進める!自立学習システム

③基礎基本の徹底反復

④時間管理ができるようなる!スケジュール帳

⑤勉強の効率を上げる!NAP TIME

⑥自分でスケジュールが組める!自由設計

⑦多分、地域No.1の講習時間数




詳細・お申し込みは、直接お電話いただくか、

HPよりご連絡ください。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


こんにちは。


「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」

と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。



 


いろいろと話題が飛んでいますが、

今日は「なぜ成績が伸び悩んだのか」についての

第三弾です。




指導する側の力量不足を明らかにし、恥を忍んで

書かせていただきます。




伸びなかった生徒は、結局のところ

「やらされている勉強から脱却できなかった」

つまり、

教える側が「勉強することの意義を心の底から

理解させ、行動に移させることができなかった」と

いうことです。




例えば、

休み時間間際になるとソワソワしだす。

授業の最後にやっていた問題を休み時間に

悶々と考えることはしない。

質問しても、聞きっぱなし。

自分で何かを調べても、それに付随する内容までは

覚えようとしない

(例えば、通常国会を調べたならば、当然、特別会

臨時国会、緊急集会までを覚えるのが当たり前だが、

それをしようとしない)・・・




結局、

勉強すること自体が目的となってしまっていて、

本来の勉強の目的が薄れてしまっていたのです。

だから勉強量はこなしているが、

集中しきれず、中身の薄い勉強になっていたと

いうことでしょう。




塾長である私が授業を仕切っている時と

その他の時の授業の受け方に差があるのは

十分承知していました。

しかし、

先生達の力量を上げることができなかった。

その責任はとても重い。

大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。





今年の受験生には申し訳ないですが、

反省してレベルアップを図っていくしか

方法はありません。

必ず、来年度に生かしていこうと思います。






続きは、また明日・・・



 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


明青学院にはお子さまをやる気にさせ、学力を向上
させるメソッドと環境があります!


内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□