当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

久しぶりの電車【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さん】


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



太東中の皆さん・保護者様へ


「中間テスト対策」授業


実施中です。




皆さん、

学校のワークの1周目は終わっていますか?

新出の英単語の暗記は進んでいますか?

漢字練習はスケジュールを組んで取り組んでいますか?

教科書の音読・通読は日々出来ていますか?

そして

単なる暗記ではない、深い理解をして、その知識を

使いこなせるようになっていますか。




今は、トレーニングの期間。

ここではワークの徹底反復です。

レーニングは自分で行おうとすれば実行可能です。

正直、地味でつまらない勉強です。

本当に、勉めて強いるような作業です。



ですから、

みんなで集まって勉強するのです。

一人だとなかなか集中できなくても

みんなが頑張っている環境なら自分も頑張れる!



○体験授業をお考えの方へ○

 このようなテスト対策期間ですから、


 この時期に体験授業を受けても

 面白くありませんし、塾の指導内容は伝わりません。



 授業内容を体験したい方は、中間テスト明けから、

 今回の中間で結果を出したい人は、

 今すぐ、ご連絡ください。



 参加費は無料です。

 是非、お友達と一緒にお越しください。

 お申し込みは、直接お電話いただくか、

 HPよりご連絡ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この度、明青学院ではLINE公式アカウントの使用が

可能になりましたので、ご案内させていただきます。


【ご登録方法】

LINEアプリを起動して

[その他]→[友だち追加]→[QRコード]で

下記のQRコードを読み取ってください。




主に、塾からの連絡や情報発信を中心に

行なってまいります。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





こんにちは。


「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」

と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。



 


マツコ・デラックスさんではないけれど

この仕事をしているとあまり電車で出かけることが

ありません。

高校の説明会には、可能な限り参加しますが、

基本、自動車です(高校って駅から遠いですから)。





ということで、

早くついてお茶を飲みながら、久しぶりに人の

観察しました。





そんな中、おそらく就活生であろう女子を発見。

この時期、内定をもらっている学生も多いでしょうが、

まだまだ真っ只中という表情で、会社の資料を読んで

いました。





平成9年の統計開始以降、就職率が過去最高という

記事(国公立・私立大62校抽出)もありましたが

就活は社会の現実を知ることになるはずです。





ある意味、学生生活をどのような意識で、どのように

過ごしてきたかの一つの結果を突きつけられるのでは

ないだろうか。





当然のことながら、

企業はいろいろな個性・能力を持った人材、

自社にとって有益な人材を必要としています。





さて、それをどこで見分けるのか?

「学歴フィルター」は存在するのか?

学業成績は採用資料となるのか?




私が就職した頃(30年前です)は、

大学名は歴然とあって、まずリクルート

文化放送ブレーンなどから届く分厚い企業紹介の本が

届く・届かないの差があったような気がします。

(単純に名簿漏れかもしれませんが)




そして、電話で予約して説明会に参加する訳ですが

大学によって実施日が異なりました。

当然、内定はいわゆる有名大学からが一般的でした。





最近でも聞いた話では、

同じ大学でも推薦や
付属高校から入った人より

一般入試で入学した人を選びますとか・・・

自分を信じて努力を続けられた人材ですから

社会性やコミュニケーション能力が十分であれば

即採用したいところでしょう。





でも、必ずしも有名大学卒だからといって

社会で成功するとは限らないところが

面白いところ。




逆に、Fランクの大学にだって、きらりと光る人材が

埋もれているはず。ドラフト候補生を見つけるために、

スカウトが全国津々浦々を回っているのと違うので。




相変わらずの駄文で恐縮です。

何を伝えたいの?という感想をお持ちでしょうが、

先般の女子大生に


「たとえハードルがどんなに高くても

望むものがあるならば、チャレンジすべし」


「頑張れ!」

「『負けん気』があればどうにでもなる!」と

言いたかったのです。




そして、「それは高校入試でも同じことだろう」と

最後に気づきました。




チャンチャン




 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


明青学院にはお子さまをやる気にさせ、学力を向上
させるメソッドと環境があります!


内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□