当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

勉強の基本②【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さん】



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



~己の甘さを封じ込め、

      自ら鍛える夏にする~


2016年度 夏期講習生を募集!


自分に厳しく!これをできる中学生はすばらしい。

長い夏休み、自分で時間管理をして、目標に向かい
学習し続けることが出来る中学生になって欲しいと
もちろん願う。
でも、現実的には少数派であることは間違いない。
だから、
自分自身に甘いことを自覚して、切磋琢磨できる環境に
身を置くことで、自分の甘さを閉じ込める。
それが出来る人は、決して自分に甘くはない。


明青学院の夏期講習会は、

自由に通塾スケジュールが組めるので、

ご家庭や部活のスケジュールに合わせて

通うことができます。



詳細・お申し込みは、直接お電話いただくか、

HPよりご連絡ください。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



こんにちは。


「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」

と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。





前回内容をまとめると、できるようになるための
勉強の基本は、勉強全体を10とした時に、
「理解する」が2、「覚えるトレーニング」が4、
「復習(覚えなおすトレーニング)」が4の割合と
考えてくださいということでした。



さて、今日はトレーニング時の意識の持ち方と
自覚について述べていきたいと思います。



中学生のキミたちを教えていて痛切に感じることは、
『習ったことは、覚えなければならない』
『習ったことは、忘れてはいけない』という極めて
当然の意識を持っていない生徒が非常に多いことです。




言葉を変えていえば、
「習ったことを忘れる怖さを、身に染みて感じられない」
といったような印象も受けます。





積み重ねの教科(数学や英語など)において、
新しい内容を学習し、理解するためには、
そこに関連する知識を習得している必要があります。
百歩譲って、全く関連性のない単元であるとしても、
2~3日のサイクルで学習するのであれば、
今日学習するために、数日前の学習内容は完全に
できるようにする必要があるのは当然です。





この基本的なことをわかっている生徒が少なすぎる。
忘れていて当然のような顔をしている生徒さえいる。
そこには、全く危機感は感じられないし、
「できるようになりたい」という言葉とは裏腹に、
何の覚悟もない。





知ろうとしている人が言う「知らない」と、

知ろうとしていない人が言う「知らない」は違うの
です。




知らないから教えてもらうわけですが、キミたちの
「知らない」の根底にある空気は、
「わかることはわかる。でも、わからないことは
わからないだから仕方ないじゃん!」という非常に
シンプルなもので、
「わからないことを何としてもわかりたい」という
気概というか、熱意というか・・・
残念ながら、そういったものが伝わってくることは
ない。





知識欲というか、知らないことを知ろうとする
知的好奇心が全体的に薄れてきている姿を見るに
つけ、何とか奮起を促そうとするのだが・・・、
これは個々の自覚に頼るしかないのが現状だ。






習ったことをすぐに忘れてしまうというキミに問う。





なぜ、忘れてしまったとヘラヘラしていられるのか?

(もちろん、追及を逃れるために身に付けた所作では
あるのだが)




なぜ、どこの作業が悪いのかと追求しないのか?





それが出来ないのは、「習ったことは完全に覚える」
という確固たる意思がないからだ。



今一度、自身の心に問うてみてくれ。








□■□■□■□■□■□■□■□■
□■□■□■□■□

LINE公式アカウント


下記のQRコードを読み取ってください。


主に、塾からの連絡や情報発信を中心に

行なってまいります。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


明青学院にはお子さまをやる気にさせ、学力を向上
させるメソッドと環境があります!


内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから

《フリーダイヤル》0120-231-507

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□