当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

リハーサルと本番【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さん】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

明青学院のLINE@運用中です。

 

友だち登録は、https://line.me/R/ti/p/%40pda8431h

 

から、お願いします。

 

主に、塾からの連絡や情報発信を中心に行なっています。
 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


こんにちは。

「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。

 

 

 

2学期中間テスト対策が始まりました。

 

学校ワークの演習中心の授業になるので、体験授業を受けても

 

正直あまり面白くありません。

 

が、興味のある人は、直接お電話いただくか、

HPよりご連絡ください。

 

 

 

さて、今日は明日の北辰テストに向けての最終リハーサル。

 

過去問演習と解き直しによる弱点補完を中心とした授業は

 

○(マル)一つの重みを知り、○を一つ多くするために

 

どれだけの労力が必要かを知る場である。

 

 

 

リハーサルとは、本番に向けての最終調整の場である。

 

本番でミスなく、持っている最大限の実力を発揮し、

 

結果を出すために細部にまでこだわり、本番同様の緊張感の中で

 

行なうのが当然である。

 

 

 

が、どんなに緊張感を高めようと思っても、いつもと同じ環境では

 

なかなか難しいのが現実だ。

 

入試本番では、当然、かなり緊張をしているはず。

 

その緊張を「心地よい緊張」に変えていかなければ、

 

持っている実力は発揮できない。

 

 

 

 

残念ながら、その環境を作り出すことができる可能性があるのは

 

北辰テストか大手塾の志望校別会場テストしかないと思う。

 

埼葛テストは学校の教室で行なうので難しい。

 

私立高校主催のテストは合否が関わってくるわけではない。

 

 

 

受験生の皆さん、

 

入試の緊張感を味わうために

 

この一ヶ月間の学習の成果を知るために

 

明日の北辰テストでは、

 

今書いた解答が自分の人生を左右する。

 

そう思って(実際そうなのだが)

 

思いっきり緊張感を高めて受けてきてください。

 

 

 

がんばれ!

 

 

 

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

明青学院には、お子さまをやる気にさせ、

学力を向上させるメソッドがあります。

 

内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから
 

《フリーダイヤル》0120-231-507
 

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□