当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

厳しい季節がやってきた【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さん】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

明青学院のLINE@運用中です。

 

友だち登録は、https://line.me/R/ti/p/%40pda8431h

 

から、お願いします。

 

主に、塾からの連絡や情報発信を中心に行なっています。
 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


こんにちは。

「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。

 

 

 

2学期中間テスト対策が始まりました。

 

学校ワークの演習中心の授業になるので、体験授業を受けても

 

正直あまり面白くありません。

 

が、興味のある人は、直接お電話いただくか、

HPよりご連絡ください。

 

 

 

夏休みから本格的な受験勉強を開始し、9月も引き続き努力している

 

受験生たちに最初の試練の時期がやってきたようだ。

 

「こんなに勉強しているのに、成績がなかなか上がらない」

 

精神的に厳しい季節だ。

 

 

いろいろな話はされてきているはずだ。

 

弱点の多い人は、ある程度のところまで埋まらないと成績が上がる

 

ことはない。イメージ的には、自分の頭の容量の最低7割まで知識が

 

溜まらないと、成果が一気に出ることはないということだ。

 

しかし、

 

理屈では分かっていても、感情がコントロールできなくなる時期だ。

 

 

 

冷静になって、今一度考えてみよう。

 

夏休みから多くの時間をかけて、図形の性質や証明の問題を

 

解いてきた。

 

しかし、北辰テストでしっかりできるとは限らない。

 

口語文法(配点3点)で○を取るために、テキストを1冊終わらせ

 

なければならない。

 

しかし、文法で○がついたとしても、読解問題で1問落とせば、

 

得点は変わらないどころか、落ちる場合だってある。

 

 

 

偏差値をアップさせることが、成績を上げることではあるが

 

この部分だけをクローズアップしてみてしまうと

 

精神的に苦しくなる一方だ。

 

 

 

今までできなかった問題・領域ができるようになったことに

 

自分の成長を感じるようにすることだ。

 

その積み重ねが結果として、偏差値を上げてくれる。

 

精神的に苦しくなってきた今だからこそ、考えてほしい。

 

 

 

目標を下げて、勉強をやめることはいつでもできる。

 

でも、今勉強をやめてしまったら、ブレイクポイントは

 

絶対に訪れることはない。

 

厳しい言い方だが、

 

成果がまだ表れないないならば、まだその程度の努力ということだ。

 

 

 

頑張ろう。

 

いくらでも話は聞く。

 

 

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

明青学院には、お子さまをやる気にさせ、

学力を向上させるメソッドがあります。

 

内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから
 

《フリーダイヤル》0120-231-507
 

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□