当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

質問後の対処で差ができる【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さん】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

明青学院では、中学1・2年生を対象に期末テスト対策を

 

実施中です。期末テストに向けて、

 

「自分自身にもっと期待したい」

 

「集中的に勉強したい」

 

「もうひと踏ん張りして、自己ベストを更新したい」と

 

思っている生徒さんがいらっしゃいましたら、

 

0480-23-1507(受付14:00以降)までお問合せください。

 

 

【理社パーフェクトDay】

日程 : 11/26(土)

時間 : 10:00~22:00(昼食休憩1h、夕食休憩30分)

内容 : 理・社の範囲をすべて暗記します。全範囲を終えた

     時点で終了となります。

締切 : 11/25(金)

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

明青学院のLINE@運用中です。

 

友だち登録は、https://line.me/R/ti/p/%40pda8431h

 

から、お願いします。

 

主に、塾からの連絡や情報発信を中心に行なっています。
 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


こんにちは。

「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。

 

 

 

期末テスト対策、真っ只中!

 

ワークの問題演習中心の授業ですから、皆、黙々と解き

 

見開きページが終了したら、確認印をもらいにくる。

 

粛々と時が流れている感じがします。

 

 

 

当然、できない問題も出てくるので、

 

まとめノートを確認する

 

教科書・参考書で確認する

 

辞書で調べる・・・

 

そして、あらゆる手段を講じて理解できない時は、

 

質問しに来る。

 

だいぶ段階を踏んで質問できるようになってきたが、

 

まだ、「全部分かりません」という猛者もいる。

 

丁重に?理由を説明して、自分でできることをやらせる。

 

その様子を観察していると、必死になっていろいろと

 

調べて、わりと自分で解決して問題を解いてしまう場合が

 

多い。必死さが足りないだけ、何が何でも解くと言う意識が

 

足りないだけで、できないと思い込んでしまうんだなあ。

 

そして、解けた様子なら、呼び出して説明させる。

 

自分に足りなかったもの(知識・着眼点・解くための作業など)

 

が説明できれば、その問題の理解は大丈夫。

 

ただし、覚えていられるかと言うと???だが。

 

 

 

そんな場合も、質問した場合も、その後の対処の仕方によって

 

頭への残り方が違ってくる。

 

説明されて納得するだけの生徒は、必ずまた質問しに来る。

 

「社会人になったら、同じことを何度も質問できない!」

 

「仕事を頼む人がいなくなるぞ」

 

「お給料に跳ね返ってくるんだぞ」

 

中学生にピンとくるはずもないが、次に来た時には

 

必ず言われる。

 

 

 

「だからどうするのか?」そこで問答が始まる。

 

自分の頭に残すための方法を考えさせる。

 

「自力で説明されたことを反芻しながら、もう一度解く」

 

のは当たり前。

 

その上で、ノートに残して見直したり、頭の中で反芻する

 

ことが必要です。

 

人は忘れるのが当たり前ですから。

 

これを徹底できる生徒は確実に伸びてきます。

 

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

明青学院には、お子さまをやる気にさせ、

学力を向上させるメソッドがあります。

 

内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから
 

《フリーダイヤル》0120-231-507
 

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□