当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

期末終了!で、どうする?【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さんへ】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

明青学院のLINE@運用中です。

 

友だち登録は、https://line.me/R/ti/p/%40pda8431h

 

から、お願いします。

 

主に、塾からの連絡や情報発信を中心に行なっています。
 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


こんにちは。

「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。

 

 

 

みなさん、期末テストお疲れさまでした。

 

 

受験生にとっては、内申点に入る最後の定期テストでは

 

ありますが、本当に小さな通過点。

 

残すところ、北辰テスト2回、私立入試、公立入試だけと

 

なりました。

 

かなり自分自身を追い込んで勉強している生徒がいる一方、

 

まだまだ余力を残している生徒もチラホラいます。

 

 

 

これから極限まで自分を追い込むのは、

 

入試会場の扉を開けて、競争相手を見た時に

 

「勝ったな!」という自信をつけるため。

 

自分に甘くすると、その立場が逆転してしまうので、

 

ギリギリまで自分を追い込んでいきましょう。

 

 

 

中1・2年生は、

 

過去最高と言っていいくらいの雰囲気で対策期間を乗り切ったと

 

思います。わずかな期間ではありますが、各々のレベルアップの

 

手応えを感じる期間でした。

 

 

 

自ら行動を律し、

 

勉強の邪魔をするものを自ら遠ざけ、

 

少ない時間を濃密に過ごし、

 

自分なりに効率化するための工夫をし、

 

受験生と同等の時間が過ごせたのではないかと思います。

 

 

 

まあ、

 

結果がどうなるかは結果ですから・・・

 

出てきてから方法論を検証し直せばいいだけのこと。

 

 

 

今、考えるべきは、対策期間中の高い意識レベルを低下させない

 

ような行動をすること。

 

具体的には、解禁していたもの・ことを、全面解禁せずに、

 

行動を阻害しない程度に解禁し、対策期間中の感覚を忘れない

 

ようにすることです。

 

手放しですべてを解禁してしまうと、意識も行動も低下し、

 

成績の上下動を繰り返してしまうのです。

 

 

 

楽しいことが多くなる時期ですが、せっかくの機会です。

 

しっかり考えて行動してみてください。

 

 

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

明青学院には、お子さまをやる気にさせ、

学力を向上させるメソッドがあります。

 

内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから
 

《フリーダイヤル》0120-231-507
 

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■