当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

技術を盗むはレガシーか?【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さんへ】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

明青学院のLINE@運用中です。

 

友だち登録は、https://line.me/R/ti/p/%40pda8431h

 

から、お願いします。

 

主に、塾からの連絡や情報発信を中心に行なっています。
 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


こんにちは。

「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」と、日々奮闘中の 

明青学院 塾長の関口智明です。

 

 

 

先日、20数年前に勤めていた会社の元同僚、

 

最年長は62歳のおっさん、最年少でも40歳代後半のおばさんたちと

 

久しぶりに会い、酒を飲みました。

 

 

 

テレホンカード世代と呼ばれた私(今を生きている皆さんには

 

「平野ノラ」という芸人が持っているショルダー型の携帯電話が発売

 

された頃)は、広告会社に新卒として入社しました。

 

 

 

ちなみに

 

塾長さんのほとんどは大手塾で教師として働き、その後独立して

 

開塾した方ですが、私は全く経験のないまま全くの畑違いの塾を

 

立ち上げて、今に至るわけです。

 

 

 

 

話を戻します・・・

 

営業職として採用されましたので、私がお客様のところに行くという

 

ことは、新人であろうと会社の看板を背負っているということです。

 

ですから、会社は新卒研修で社会人としての立ち振る舞いや

 

商品知識を叩き込み、ロールプレイング、同行研修などの教育を行い、

 

徐々に独り立ちさせていくわけです。

 

この時期に私は「曖昧な知識や分からないことをそのままにしておくと、

 

すべて自分にマイナスとして帰ってくる!」ということを学びました。

 

 

 

 

今はどうだか知りませんが、当時の営業職は数字(売り上げ)が命です。

 

月間の売り上げ目標(予算)をクリアできるか否かで、インセンティブ

 

違いますし、発言力も違ってきます。

 

優秀な営業マンの技術を盗もうと同行研修をお願いしたりするのですが、

 

なかなか本質的な部分は見せてもらえなかった

 

職人の世界までとはいかないまでも、セールスの技術は盗むものだと

 

思っていました。

 

学生時代も成績がいい友だちは、どんな勉強をしているのか、

 

どんなノートの取り方をしているのか、テスト前はどんなスケジュールで

 

勉強するのか、観察したり、直接聞いたりしたものです。

 

 

 

 

今の生徒さんは、全くしないんですね。

 

塾がスポイルしてシェアする、そんな感じみたいです。

 

でも、社会で生き抜くためには、

 

盗む意識は持っておいたほうがいいと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

明青学院には、お子さまをやる気にさせ、

学力を向上させるメソッドがあります。

 

内容をくわしく知りたい方は、

お気軽にお問い合わせ下さい。


 明青学院 ホームページはこちらから
 

《フリーダイヤル》0120-231-507
 

《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■