当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

ワークの解き方に注意【太東中・久喜東中・久喜中・久喜南中の生徒さん・保護者の皆さんへ】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

明青学院のLINE@運用中です。

 

友だち登録は、https://line.me/R/ti/p/%40pda8431h から、お願いします。

 

主に、塾からの連絡や情報発信を中心に行なっています。
 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

■期末テスト対策イベントのご案内■
 期末テストに向けて、ワークを何度も解いていると、答えを覚えてしまうことも・・・。もちろん暗記は必要なのですが、問題を解くということは、そのプロセスを理解して覚えていくことが大切!答えを覚えてしまうと、ワークを解く回数が目的になってしまい、どうしてもそのプロセスを飛ばしてしまいがちになります。

中間期末テストの得点差は、「準備の差」であり「学力差」ではありません。ワーク演習を徹底的に行えば、8〜9割は得点できます。しかし、そこで学習した知識を昇華させて「本当の学力」にするためには、ワークの演習を2回終えたら、別のテキストを使って違う切り口の問題をたくさん解く必要があります。定期テストの準備としての勉強にとどまらず、本当の知識の積み重ね・活用ができる力をつけていきたいと思います。


⑴英数パーフェクト
 日時:6月23日(土) 13:30〜22:00
    6月24日(日) 10:00〜18:00
   ※学総前ということで部活も忙しいと思いますので、入退室は自由です。
    時間の許す限り塾で勉強してください。

⑵理社パーフェクト
 日時:6月30日(土) 13:30〜22:00
    7月 1日(日) 10:00〜18:00
   ※残念ながら引退してしまった3年生は、
    気持ちを切り替えて期末テストに向かっていきましょう!
   ※1・2年生はまだ部活があるので、入退室は自由です。
    時間の許す限り塾で勉強してください。

◇学校のワークを2回解いた生徒さんのみ参加できます。
2回目のコピーが欲しい生徒さんは、その旨をご連絡ください。
詳細は、0480-23-1507までご連絡ください(受付/15時以降)


◇◇◇中間テスト結果◇◇◇
 ・英語 100点(中2)・100点(中2)・98点(中3)・95点(中3)・91点(中3)他
 ・数学 99点(中3)・98点(中2)・96点(中2)・89点(中3)他

 


こんにちは。

「しなやかに人生を生き抜く子を育てたい」という想いのもと、日々奮闘中の

 

明青学院 塾長の関口智明です。

 

 

 

今春からの「学習システムの変更」に伴い、新規募集を停止しておりましたが、学力向上の手応えを感じ、今年最初の定期テストでもある程度の実績を残せるようになりましたので、夏期講習会より生徒募集を再開させていただきます。

 

 

さて、期末テストに向けての注意点を再度確認しておきましょう。

 

 

それは、

 

 

塾生にも何度も何度も注意していますが、「ワークを3回解く」というのは、高得点を取る上で必須ですが、「ワークを解くこと」が目的になっては絶対ダメであるということです。

 

 

◇ワークの解き方の確認!

●ワーク1回目が一番重要です!

 社会や理科で教科書を見ながら解いている人もいると思いますが、論外ですよ!英語で教科書

 を見て単語を書いてマルをつけたりしている人もアウトですよ。覚えるべきを覚えてから、何

 も見ないで解くのが基本です。できなくてもいいのですから!

 

 分からない・解けない問題は、解答を見てもいいですし、質問してもOKです。ここでのポイ

 ントは「理解できていない部分を理解して覚える」「知識の使い方を覚えること」ですので、

 誰の力を借りても、どんな手段を使ってもいいので自分のものにしていきましょう。

 赤で正答を書いて終わりにする人も多いと思いますが、「できないのには理由がある」ので

 す。その理由を考えて潰しておきましょう。単語や用語の正確さが不足していれば、何度も

 書いて覚えるのは当然です。使い方を間違えたら、使えるように何度か解いてみるのも当然で

 す。当たり前のことを当たり前にやらないと、時間だけ使って残るものが少ないということに

 なりますので、注意してください。

 

 

●ワーク2回目は「できる問題・できない問題の選別」のために実施

 1回目でできるようになった(はず)ですから、誰の力も借りずに解くことが要求されます。

 全ての問題が解けるのがベストですが、多分そう上手くはいかないでしょう。それで大丈夫

 です。ただし、できなかった問題は、1回目でもできなかった問題である確率が高いので、

 もう一度必要な知識・使い方を刷り込んでおく必要があります。

 

 

●ワーク3回目はできなかった問題の最終チェックです。

 おそらく3回目に解く問題量は、かなり少なくなっているはずです。ここでも解けないとなる

 と重症です。過去2回の演習・解き直しが身についていないということになりますので、テス

 ト対策としては問題や解法の丸暗記でもいいと思いますが、設問に対する意識の甘さを深く

 反省しておく必要があると思います。

 

 

 

塾内でワーク演習を行う時は、塾生はページが終わるごとにチェックされます。上記の解き方を習得している生徒は間違えた問題を説明できます。しかし、何度も何度もワークの解き方を説明しても、まだ「お前、なんとなく解いているな!」という生徒もいます。

 

ワークを解く意義をしっかり確認して、残りの対策期間を過ごしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

明青学院には、お子さまをやる気にさせ、学力を向上させるメソッドがあります。

 

内容を詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

    明青学院 ホームページはこちらから

 

     《フリーダイヤル》0120-231-507

              (受付/15:00〜22:00
 

     《住所》久喜市久喜東3-1-14 東口より徒歩3分