当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

新元号が発表されても平常通り

塾内にはTVはないので、ネットで発表を観ていましたが、民放全局で生放送していたらしいですねえ。日本国民にとって、それほどの関心事だったということでしょう。
 
そんな中、今日は講習会後半のスタートです。皆さん、いつもと変わりなく、粛々と自分のやるべきことを集中して取り組んでいました。
 
今年の中3は、ほぼ予定通りの進行です。ほぼ全員が式の計算の利用を終わらせ、平方根の計算の手前まで来ている生徒もチラホラ。英語も現在完了が終わりそうな生徒が出てきました。う〜ん、順調すぎる・・・
 
気持ちの区切りは必要ですよねえ。
 
今日は4月1日(新社会人は入社式、お父さんお母さんご苦労様でした)ですから、「さあ頑張ろう!」という気持ちになりますし、8日は学校の新年度ですから、「よし、やったるぜ!」という気持ちになります。そして、来月の1日はいよいよ新元号への切り替えですから、「また頑張ろう!」という気持ちになれます。
 
気持ちの区切りは必要ですし大切なことだと思いますが、ゲームのように全てがリセットできるということではありません。 今までの言動の積み重ねや不足部分は気持ちではどうすることもできません。
 
気持ちをリセットしたら、行動も顧みてリセットすべき部分をリセットしてみてください。続くか続かないかを考える必要はありません。三日坊主でも結構です。とにかく始めることが大切だと思います。