当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

武器をいくつ持ってますか

 

meisei-gakuin.hatenablog.com

 

いきなり物騒なタイトルで申し訳ありません。

武器とは、勉強して学力を上げていく上でのツールのことです。

 

 「できないことをできるようにする事で、学力がつき相対的な位置はアップします」つまり、「できないこと」を「できなかったこと(でも今はできる)」という現在完了(結果用法)にすれば、自ずと学力はついてくるのです。

 

 当たり前ですが、今できないことが何もしないで急にできるようになることはありませんよね。そして、できるようにするには皆さんが思っている以上に、時間と労力がかかります。
 
 例えば、今逆上がりができない。来週の体育の時間に逆上がりのテストがある。じゃあ、その前日頑張って練習すればできるようになりますか?
 
 中間テストの範囲が発表された。そこから2週間頑張って勉強すれば、成績が上がりますか?
 
 共にNOであることは明白です。期限が迫ってくれば誰でも頑張れます。しかし、日常をしっかり過ごし、コツコツと積み上げた者に勝てるわけがありません。その人たちと勝負して、相対的な位置を上げることが容易ではないことぐらい想像できるだろう。
 
 何も難しいことをやれということではありません。授業中は没頭する。今解いている一問に集中し、頭をフル回転して根拠を持って解く。当たり前のことですが、その姿勢があるだけでいいのです。
 
 そして、自分なりの武器(ツール)を手に入れることです。最初に手に入れられるのは、できない問題をリスト化した「ごちリスト」です。できない問題は、皆さんにとってのご馳走です。大切に扱いましょう。
 
 できなかった問題の着眼点・考え方・解き方・必要な知識などをリストに残しておき、いつでもどこでも振り返ることができようにしておくのです。誰かに見せるわけではないので、自分なりの表現で、自分さえ理解できればOKです。注意するべきは、文章にせず簡潔にまとめられていることのみです。
 
 数週間後、数ヶ月後の自分に向けてのメッセージだと思って、情報を取捨選択しながら書く練習をしていきましょう。
 
 数ヶ月後、あるいは入試直前、「ごちリスト」は君たちの武器になるはずです。