当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

「自分に何ができるのか」を考えた結果

 突然ですが、来週から塾の指導書(授業プラン)を載せていきたいと思います。
 
 他塾の授業を見学する機会があまりありませんので、どのような授業を行っているのかわかりませんが、当塾の授業内容をすべてオープンにしていきたいと考えています。
 
 その理由は2つ。
 
 まずは、開塾して26年目を迎える当塾ですが、私一代でその役割を終えるつもりです。毎年、試行錯誤しながら改善してきた授業プランをオープンにすることで、誰かの役に立てればという思いからです(本当に役立つ内容かどうかはわかりませんが、こんな教え方でもしっかり問題演習をしてもらえば、偏差値は4月から平均で5〜6ポイント上がったのは確かです)。
 
 2つ目は、塾講師の皆さんの役に立てばいいなと思ったからです。塾はアルバイトの大学生なしでは成立しない業種です。特に個別指導においては、依存率がかなり高いと思います。しかし、塾講師=ブラックというレッテルを貼られ(確かに未だにコマ単位での時給計算や授業以外はサービス勤務のような塾もあるみたいですので、そう言われも仕方ないのですが)人材確保が難しいのが現状だと思います。
 
 また、個人塾では十分な初期研修やスキルアップ研修もできないことも多いので、指導内容の質は本人のスキルによって変わってくるという現実があります。塾テキストの指導書を見ながら、生徒に指導しているレベルでは子どもが可哀想すぎますよね。
 
 中学生にどのように教科内容を教えていくか?を考えた時に、自分の経験則と塾のマニュアルだけではどうしても内容が薄くなってしまいます。ですから、独学で授業内容を勉強する必要があります。
 
 もちろん最初に読むべきは、学校の先生が使っている「指導書」です。学校でどのように教えるのかが分からなければ、指導が二重になってしまい、苦労するのは生徒たちです。ただ、この「指導書」が高いし、そこら辺の本屋では手に入らない。塾テキストを読んで伝えるだけでは与えられるものが薄い。今学習している内容が入試にどのように繋がっていくのかまで考えて指導して欲しいのですが、忙しい大学生にそこまで要求するのはちょっと酷なのかもしれません。ですから、意欲ある塾講師のみなさん、あるいはこれから子どもに教えてみたいと思っている大学生の皆さんの独学の一助になればと思っているのです。
 
 さてさて、数学から作成し始めておりますが、当方はブログで発信するには数式の表し方から学んでいかなければならないスキルしか持ち合わせておりません。今日も作成しましたが、わずか15分程度の内容を書き記すのに、優に2時間以上かかってしまいました。
 
 可能な限り、毎日更新していきたいと思っていますが、更新が遅れたらごめんなさい。お許しください。