当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

令和が始まって半月。何か変わった?

改元フィーバー(古っ)から約半月が経ちました。
新たな時代を迎えて気持ちを新たにした人も多かったと思います(私もその一人ですが)。
 
「どんな時代にしたいですか」というTVインタビューでは
 
「平成よりも良い時代になりますように」
「戦争のない平和な時代になりますように」
「景気が良くなりますように」等々
 
小・中学生であれば
「成績が上がりますように」
「志望校に合格できますように」等々
 
こんな願い事をしながら気持ちを新たにすると、何か自分が変わったような気になるのは、今回の改元でも新年を迎える時でも同じでしょう。
 
 
でもね、
 
自分を取り巻く環境が何か変わりましたかね?
自分が今いる現在地が何か変わりましたかね?
 
「半月ぐらいでは何も変わらないですよ」という意見もあるでしょうが、半月もあれば人は十分変われますし、さまざまなことが習慣化できるようになっているはずです。
 
「願い」は、いつまでたっても「願い」です。
願い事を成就するためには、行動が必要です。何もしなければ今後も何も変わらず、願い事がかなうことはありません。
 
さあ、中学校は中間テスト直前です。
 
「いい点数を取りたいなあ」と願っていても、テスト前の行動が今までと同じならば、同じ準備しかできず、同じ結果しか得られません。行動を変えなければ願い事のままです。
 
だから、愚直に言われたことを消化していきましょう。
 
頑張れ!みんな!!