当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

高校の学校案内に載っているよく分からないワード①

 6月中旬〜7月上旬は、私立高校の塾対象説明会が多く開かれます。昨年度の大学進学実績や高校の入試状況の振り返りと学校運営についての話がメインになります。もちろん、当塾から通学可能な高校の説明会には参加してせっせと情報収集しています。
 
 高校入試を本業にしている塾の先生にとっても、理解不明なワードが毎年出てきますので、初めて高校受験を迎え、これから本格的に説明会に参加する保護者・受験生にとっては、???というワードがたくさん出てくるのではないかと思います。
 
 ですので、気になるワードを少しだけ記載しておきますので、参考にしてください。
 
 
元々はクリエイティブ用語でクリエイターがプレゼンをするのにこんな作品を作っていますと見せるための「作品集」と言う意味です。
 
それが金融業界に使われ出して、投資家が保有している金融商品の一覧やその組み合わせの内容といった意味で使われるやつです。投資信託などをやっている方は年に数回送られてくる書類といえばいいでしょうか。
 
で、これが教育業界で使われるとこうなります。
「知識偏重から、多面的・総合的評価へ」という大学入試改革に対応するために「科目テストだけでは測れない個人能力の総合的な学習評価をする代物(=質的評価方法)と言うことです。
 
まだ???ですよねえ。要は、テストの得点だけでなく、そのプロセスも評価しようじゃないかということです。ですから、その生徒が学習過程で残したもの(レポートや解答用紙・学習履歴・活動の様子など)、あるいは活動中の写真や動画など、を残しておく事だと思ってください。
 
中学校の調査書でいう「活動の記録」をより具体的に細く記録してものですね。
 
 
【全国模試】
埼玉県ですと高校入試における模試は、ご存知「北辰テスト」がメインです。もちろん都内の難関校や早慶を受験する生徒さんは、V模擬や駿台模試を受験するのでしょうが、一般的な公立中学生は(公立御三家を受験する生徒であっても)存在すら知らない生徒がほとんどでしょう。
 
さて、高校における模試は①進研模試全統模試駿台模試の3つが基本です。
 
進研模試Benesseが行う模試で、学校単位の受験ですから、基本的には高校で全国模試という場合・あるいは偏差値80という説明があった場合は、進研模試だと思ってください。
公立高校生が多く受験しますので、全体における立ち位置は一番把握しやすいのでは?と思います。
 
全統模試河合塾、③駿台模試駿台予備校(Z会との共催やBenesseとの共催もあり)が行う模試です。偏差値は母集団によって異なりますので、上位の大学を受験する場合は、こちらの模試を受験する必要があります。
 
 
【Classi(クラッシー)・Benesseマナビジョン】
Classiは進研模試に合わせて学習動画で勉強できるBenesseのアプリ名です。進研ゼミの高校講座との違いは(自分の子どもは使っていなかったので)すいません、ちょっとわかりません。
 
公立高校の学校案内には一切記載がありませんが、進研模試を受けている高校では各自がIDを持っているはずですので、Benesseマナビジョンからログインしてポートフォリオを作成していくのだと思います。高校の先生も指導内容の記録や成績管理など教務に使用できたり、コミュニケーションツールとしても使えるようです。
 
もう少し詳しくと思ったのですが、自分の子供も社会人となっており、大学入試の時には模試はありましたが、センター試験⇨一般入試のルートだったので、ポートフォリオBenesseのアプリ名など聞いたこともありませんでした。今となってはIDを取ることもできませんので、この程度の説明しかできずに申し訳ありません。