当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

面談終了‼️

あー、喉が痛い。
喋り過ぎだ・・・
 
 
9月北辰の振り返り
 
どこに着目してどのように考えたのかを問題用紙を見ながら
ヒヤリングしながら実施。
だから、1人につき50分〜70分はかかった。
 
 
当然、500点満点・偏差値78.8の生徒はいないので
70台の生徒も
60台の生徒も
50台の生徒も
同様に痛いところを突かれたはず。
 
 
 
問題を解くときの思考回路が塾長を一致すれば
教えるのも楽だし、解くのも楽!
 
設問をどのように見て考えてが一緒ならば
当然得点もアップする。
 
もちろん知識量が違うから同レベルのことは考えられない。
でも、知識がしっかり入ってきた時にきっと役に立つ。
 
 
 
個々によって異なるが
現状の学力で解けなければならない問題、
 
一歩先に進むためにできなければならない問題、
 
そして、できるようになるためにするべきこと
 
問題作成する側の意図
 
解答を出すまでの段階
 
などなど
 
少しでも
設問に対峙した時に役立ってくれることを期待したい。
 
 
 
こちらもいろいろな発見がありました。
 
想定外の問題の解き方や
想定外の単語量不足
想定外の常識不足
 
休みの間に対応を考えておきます。