当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

満足の線引きの違い

成績のいい生徒と今一つの生徒を見ていると
もちろん、
知識量の差やその活用力の差はあるのだが
決定的に違うのが
「満足度の差=どのレベルで満足するか」
つまり
「どこまでやれば満足するかの線引きの差が大きい」
と感じる。
 
 
満足度の線引きが高い生徒は
まず、質問しなければならないことに
自分に対しての憤懣を持っているように感じる。
 
 
だから、質問に対しての説明を一字一句逃さぬように聞くし
聞いたことはすぐに文字にして反芻する。
 
 
そしてそれを完全に消化した上で
質問した問題を再度解き直して頭に入れる。
 
 
だから、
数日後その問題の話をしても話が通じる。
 
 
逆に
満足度の線引きが低い生徒は
質問したことに満足する生徒と言っていい。
 
 
自席に帰って説明されたものを反芻することもなく
また自宅に帰って反芻している様子もない。
 
 
行動だけをとってみれば
本当に質問しただけ、それに満足していると言えるのである。
 
 
当然
後日その問題についてこちらから質問しても返答に詰まるし、
下手をすれば
そんな問題やった?と言われることもある。
 
 
また、暗記する内容に関しても
前者は隅々までしっかり暗記し、
確認のために自身でチェックテストを行う。
 
 
暗記できていないことがあると
自分自身に腹を立てたり
まだ覚えきれないことに苛立ったりしている。
 
 
後者は
簡単に言えば「まあ、こんなもんでいいか」と
考えているのか否かは分からないが、
基本的に苛立ったり腹を立てることはない。
 
 
でも、
後者の方が成績に関しては敏感だし
なかなか上がらないことを嘆いている。
そして
成績が上がらないことにイライラする。
 
 
見ている方からすれば当たり前なのだが、
客観的な視点が不足しているために
上がらない理由がよくわからない。
 
 
単純に勉強の量と精度であることを
場面ごとに
何度でも
話をして
納得させていかないと・・・
 
 
その繰り返しで効果が出れば
満足のラインは自ずと高くなってくる。