当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

周囲を見回せる子

私立過去問は「声の教育社」と「東京学参」の2社から出版されているが、
当塾はずっと声の教育社の過去問を使用している。
 
 
最近の東京学参のものをみていないのでなんとも言えないが
「英文の全訳が載っている」
「解説量が多い」
この2点を理由に使い続けている。
 
 
過去問は年度別・日程別になっており
解説が別冊になっているわけではないので
問題と解説の間に距離がある。
まあ、ページを開けるのが面倒だということ。
 
 
だから
毎年(こちらから指示を出して)見出しをつけさせてきた。
 
 
今年はというと、今のところ放っておいてみている状態。
 
 
すると
不便を感じたんでしょうね。
付箋を貼って使い始めた生徒が出てきた。
 
 
それをみた友達が
自分も真似をして付箋を貼っている。
 
 
なるほどそれは便利そうだと思ったか
数日経って真似を始める生徒も出てきた。
 
 
でも相変わらず
何度もページをめくって探している生徒もいる。
 
 
多少頭を使って
定規やペンを挟んで使っている生徒もいる。
 
 
 
だから、
何もいわず教卓にインデックスシールを置いてみた。
 
 
理科のお宝ノートでは単元別にシールを貼らせてある。
地理では地域ごとに歴史では年代ごとにシールを貼ってある。
 
 
 
こちらの意図を汲み取る力があるだろうか。
さてどうなるだろう?