当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

リスニング対策

①まずは試験と同じように解く
②答え合わせ後、放送台本を黙読してスラスラ読めるかを確認する
 →スラスラ読めない場合は、文法や語彙不足であるから、
  放送台本も精読する必要がある
③放送台本をスラスラ読んで理解できた場合は、放送台本を見ながらもう一度聞き、
 どの部分が聞き取れなかったを確認する
④(台本を見ながら)聞き取れなかった部分を放送と同じように発音してみる
  さらに、全文を通しで聞いてみる
⑤(台本を見ないで)聞き取れずに間違えた問題の放送を通しで聞く
 
 
全ての問題を同じようにやり、
後日、放送台本を見ないで聞きエアー書き取りをするとbetter。
 ※チョット時間がないのでエアー書き取りまではできなかもしれないが、
  後日、かしこまらなくてもいいので隙間時間に必ず聞くこと
 
 
さて、
このような対策を今日から行うために
昨日から生徒のiPadMacを同期する作業を始めたのだが
ケーブルを接続しても
「ポン、ポン・・・」と繋がったり切れたり
同期する以前に
iPadを認識しない???
 
 
充電はできるのに
同期できない?
 
 
????
 
 
もちろんケーブルは純正だし
自分自身のiPadはフツーに同期できる。
 
 
何本かあるケーブルで
USBポートを変えてやってもダメ。
 
 
イライラしながらネットで色々検索すると
「接続部分を歯ブラシで擦ってみる」という対策を発見!
 
 
50過ぎのオッサンは
ハイテク?機器の扱いに慣れておらず
そんなに雑に扱っていいものか
流石に抵抗ありありで
昨日はできずに、そのまま現実逃避。
 
 
そして今日、
その後、色々調べても対策が見つからず
仕方ないので
腹を括ってやってみた。
 
 
歯ブラシで
ケーブルの金属部分をゴシゴシ
iPadの差込口をゴシゴシ
 
 
すると
昨日の格闘が嘘のようにスムーズに同期できるじゃないですか。
 
 
なんだったの昨日の時間?
なんだったの、昨日のイライラ?
と思いつつも、
無事、今日からリスニング対策が始められることに
ホッとしましたとさ。