当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

どこを向いて行く?

毎日、いろいろなニュースが報道されるが
本日もザワザワ…
 
 
文部科学省が来年度入試において、休校が長期化した生徒が不利にならないように出題範囲を工夫するなどの配慮を求める通知を全国の教育委員会に通知」にザワザワ
 
 
さて、どのように精選するのだろう?
早く知りたい。
 
 
融合問題は減るのだろうか?
だとすると、思考力を問う考えさせる問題が少なくなり
基本的な知識を問う問題が増えるのだろうか?
 
 
う〜ん、ザワザワ…
 
 
同じく
文部科学省が、休校中の学習の遅れは、複数年で遅れを解消。ただし小6・中3に関しては、優先的に登校させるなどして、本年度中に遅れを取り戻す」にもザワザワ…
 
 
 
また
緊急事態宣言が解除された地域でも
「授業再開の前倒し」or「31日まで休校」で対応が異なることにザワザワ
 
 
自民や公明では
「9月入学・始業を本格的に検討開始」にもザワザワ…
 
 
まあ、
具体的な内容が伴わない表題だから
ある意味ザワザワするのは仕方ない。
 
 
きっと
中学生とその保護者の皆さんも
毎日ザワザワしていることでしょう。
 
 
でも
やるべきことはただ一つ。
学力をつけること。
 
 
そして成績をアップすること。
(北辰テストも中止になっているので、現在地がわからないのは厳しいが)
 
 
ただこれだけ。
 
 
2月26日は必ずやってくる。
その日に向けて
やれるべきことを一つづつ積み重ねて行くこと。
 
 
これだけを考えて
行動していく。
 
 
 
公立中学校も
巷の塾も
オンラインライブ授業をやることが目的になっている感はあるが
あくまで目的は学力をつけること。
 
 
 
それを達成するためには
圧倒的な問題量を解く必要があり
その部分をしっかり観察してあげることが大切。
 
 
皆さん
もう少しの間、頑張りましょう。