当たり前の努力ができる自分になる!明青学院 塾長ブログ

久喜市で成績アップを目指すならココ!明青学院は中学生対象の高校受験専門塾です。塾での日常の出来事や勉強についてなどを「人に伝える」練習として綴っています。

明青学院の6・7月

 
5月末に緊急事態宣言の解除予定。
 
 
6月から学校が始まりますが
いきなり全開で授業という訳にはいかず
探りながらの指導となるはず。
 
 
公教育の現場では
2ヶ月間の遅れを取り戻さなければならない。
 
 
一方、塾に行っている生徒は
この2ヶ月でかなり進んでいる。
 
 
入試日は現段階では変更なく
2月26日
 
 
焦るよね〜。
 
 
遅れを取り戻し
学力をつけていくためには
「圧倒的な学習量」が必要不可欠。
 
 
塾として出来ることは
その学習量を確保してあげること。
 
 
でも
感染への最大限の注意をして
ソーシャル・ディスタンスを保つとなると
(飲食店と同じように)
今まで通り教室を満杯にすることは出来ず
一人当たりの占有面積が大きくなる。
 
 
教室を広くすることができないならば
定員を半分程度にする
通塾日を分散する
オンライン指導は不可欠。
 
 
さらに
生徒が集まれる時間帯は限られている。
 
 
空き教室があれば
週3日程度の通塾であれば対応できるが
受験学年が最優先だから
どこかの学年で歪みが出てくる。
 
 
どのみち
指導量は今まで通りとはいかない。
 
 
残りをどのように埋めていくのか
オンライン指導との併用で
ない知恵を絞ってやっていくしかない。
 
 
これは一般的な集団授業の塾において
考えられること。
 
 
明青学院は
塾生数と教室の広さが比例していないので
(何の自虐だ…)
一人当たりの占有面積は広い。
 
 
また、
学年が限られているため
週5日の通塾しても机に余裕はある。
 
 
さらに
私企業ではあるが
今では
利益追求よりも利益還元で経営している。
 
 
もちろん
学力をつける
成績をあげる
その指導方法は
ない知恵を絞って追求していく。
 
 
そんな
当塾は6月・7月の授業を無料にして
今まで支えていただいた地域の中学生・保護者の皆さんへの感謝を
緊急事態の今の中学生に還元したい。
 
 
指導方法・指導レベルが合う合わないは当然あると思うが、
気になったらHPをご覧ください。